「火山旅」での気づき

実は、二月の立春を過ぎて間もなく娘が体調を崩し、
2ヶ月近く不安定な日々を過ごしています。

学校でインフルエンザ・胃腸炎と
立て続けにうつされたのをキッカケにまず持病が悪化し、
さらに消化器が弱ったことから腸閉塞になりかかったようです。

どういうわけか我が家は、
娘の体調が悪い時は、もれなく夫の仕事も忙しく
久し振りに看病で眠らない日々を過ごしました。

そんなことから鑑定も日時変更のお願いをせざるを得ず、
(快く変更して下さった皆様、本当にありがとうございました!)
書の作品も締切が迫っているのに落ち着いて書くことができず、
またなんというタイミングか、この期間に迎えた私の誕生日も
洗面器片手に家中走り回って終わりました。

“明日こそ良くなって欲しい、でもわからない…”
そんな毎日を送る中で改めて思い知ったのは、

どんなに不安に襲われようとストレスが溜まろうと
今の私のこの思いを一滴漏らさず正確に汲み取り
慰め救ってくれる存在などどこにもいない。
という事と、

何があっても結局は、
自分で折り合いをつけて自分で自分の機嫌をとるしかない。
ということでした。

あぁ~、やっぱり「人間は一人なのだ」と
諦めではなく、本来の意味として肚に落ちました。

易に火山旅(かざんりょ)という卦があります。
旅・旅人という意味ですが、
この卦が意味するのは、今のようなお気楽な旅とは違います。

昔の旅は交通の便は悪く、また治安も悪く、
道中は知らない人ばかりで孤独で心細くなります。
宿もわずかなため甘えるわけにもいかず、
人との親しみ薄く、不安が絶えません。

よってこの卦が出た時は、主に孤独で不安定な運気を示します。
この2ヶ月間、夫にも頼れないし、まさに火山旅の状態でした。

久し振りに精神的にこたえましたが、
この火山旅、運気は不安定ですが学問・研究には良く、
そのせいもあるのでしょうか、
「本来人間は孤独な生きもの」と気づくことができました。
そして、孤独ながらに歩んでいくしかないんだな…
ということにも気づけました。

やはり、人の成長には
ある程度のストレスが必要なのかもしれません。

昨日今日あたりからようやく娘の体調も落ち着き始め、
火山旅の学びはとりあえず終了したような感じです。

「火山旅」の次の卦は、進退決せずの「巽為風(そんいふう)」。
この流れの通りになってしまうと
まだ安心はできないことになってしまいますが、
娘の体調も私の仕事も
ともにゆっくり焦らず送っていこうと思います。

高天麗舟

意欲と興味を育む

超貴重なお弟子さん一名を迎え、
書の教室「麗舟会」、今月からお稽古始まりました。
(お問合せくださった皆さま、いつまでも待っていますので
慌てないで大丈夫です!本当にありがとうございます!!)

要領を得ない私でしたが、
超貴重なお弟子さんが温かく見守ってくださったおかげで
無事、第一回目のお稽古を終えることができました。

やはり、実際に行動すると
いろいろと気づきがあるものですね。

指導するまでは、
稽古・指導というのは、技術を教え導くことがキモ!
と、何の疑問も持たず思っていたんです。
(もちろん人を導くこともですが)

ところが!
実際経験してみるとキモ以前に、まず
「上手くなりたい意欲」をどれだけ芽生えさせ、
「段階に応じた興味」をどれだけ育み続けることができるか?
そこが大切なのでは?ということでした。そして、
そこに指導する側の力量&器が表れるのだろうと感じました。

指導者が楽しそう伝えるだけでは
恐らく聞く側は引くだけでしょうし、
かといって、いきなり突っ込んだ指導をしても
ポカンとさせちゃうでしょうし、
ここが私の学びのポイントなんだろうなぁ~と思いました。

こちらもこれから段階に応じて
様々なことをしっかり学んでいこうと思います。

 

高天麗舟

 

 

 

 

癖が魅力に~特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」をみて~

先月の終わりごろ、東京国立博物館で開催されていた
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」を観てきました。

会期終了間際だったためか、とんでもない混雑ぶりで
目線より下に配置してある展示物は
ジャンプしたとしても観られないような状況でした。

仕方がないので第一会場は流し見て、第二会場に移動しました。
が、第二会場終盤になると皆さん集中力が途絶えるようで
目の前で展示物を見られるくらいになっていました。

そして、その、皆さんが飽きてきたであろうエリアに
「今日ここに来てよかった~」という作品がありました。

米芾(べいふつ)です。

孫過庭(そんかてい)も王羲之書法を継承したことで有名ですが
この米芾も王羲之に徹し学んだ方だそうで
手元の本で二人の書を改めて見比べてみると
米芾の方が断然!王羲之の美しさ汲み取り
表現できているように感じます。(何様?的な発言スミマセン)

その米芾の作品ですが、
パッと見るとクセ字のような印象を受けます。
(といっても、それだけ王羲之に徹してきた方なので
一般的に使われる「クセ字」とはまったく意味は異なります)

しかし不思議なもので、そのクセがなんか心地良いというか、
このクセがあるから全体が際立つというか、
逆に、このクセがなければもの寂しいだろう…
というところまで思わされたことに衝撃を受けました。

このクセそのものが米芾であり、
米芾でなければ書けないジャンルが完成されていました。

クセが魅力という領域にまで昇華した素晴らしいお手本を
目にすることが今回でき、
これこそが、がいつも言っている個性なのだろうと
そして、この領域まで来たものを【名品】と呼ぶのだろうと、
頭でわかっていたことが肚に落ち、
またそれを実際に目にすることが出来た感動で
本当に胸がいっぱいになりました。

目から鱗が落ちる…とはこういうことを言うのだろうと
主役の顔真卿ではないところでしたが、
私にとって充実の展覧会でした。

高天麗舟

展覧会がゲキ混みだったので
パンダ・ラテを飲んで時間調整しました。

運命線に合流する線

5年ほど前でしょうか、ある青年の手相を観ました。

大きな体格ですが、非常にシャイな方で
優しい人柄がてのひらから滲み出ており、
私の問い掛けに小さく頷き、言葉少なに答えてくれたのが
とても印象的でした。

当時、学生相撲でかなりの成績をおさめていたそうで
いろんな部屋からスカウトを受けているものの、
一体どこがいいのか、迷っている…とのことでした。

「複数の中から一つ選ぶ」のに適した占術は、
易やタロットなど卜占(ぼくせん)と呼ばれるものが得意なのですが
手相イベントだったので、その青年の年齢から近い流年の部分に
何か良いサインはないか?と確認してみました。

すると、青年の年齢の翌年を示す部分に…

上図のように、
運命線(黒)に流れ込む線(黄色)がハッキリと刻まれていました。
(※親指側からでなく小指側から合流してくるのがポイント)

これは影響線というもので、
良い縁や出会いがあることを表しており、その影響により
その後の仕事や人生が発展していく…となります。

意外とよく見掛けるのは、中年男性のてのひらで、
その昔、素敵な女性と恋愛・結婚したことが見てとれます。

恋愛の出会いもそうですが、しかし恋愛に関係なく
人生の師となる人との出会いや
「あの時あの人と出会わなければ今の自分はなかった…」など
人生に良い影響を与えてくれる人との出会いの意味も強いです。

どの部屋が良いと具体的に言うことはできないけど、
とにかく良い親方のところへ行けるから、安心して大丈夫です。

と伝えました。

あれから時々思い出してはいたものの、
名前もわからず、どうなったのか調べようもなく
気になったまま数年が過ぎていきました。

そして今年。
いつものように何気なくSNSをみていたら、
偶然、その青年と思われる記事を見掛けまして
無事に力士になれていたことがわかりました。

良い部屋・親方の元に入れたのか
具体的なことはわかりませんが、
しみじみ「よかったなぁ~」と嬉しくなりました。

土俵の上では優しくなり過ぎないよう、
陰ながら応援しています!!

高天麗舟

 

ようやく立春

先月、娘が2歳の頃知り合った母友から方位の相談を受け、
朝から鑑定をしていました。
細かい字の万年暦を見ていたところ、その母友に
「すっかり占い師だねぇ~」
と感慨深そうに言われました。そして
「リコママ(私)は、いーっつも勉強していたよねぇ~」
と懐かしそうにも話してくれました。

本当にうれしかったです。

確かに娘が赤ちゃんの頃から常に何かしら勉強していました。
建築士なので建築関連の勉強をしていたのですが、
そこから風水に移り、そして占いの勉強が始まりました。

社会復帰するつもりでいたのもそうですが
何か勉強していないと、たちまちバカになるんじゃないか?
という恐れもあって勉強していました。

そして同じく先月、娘が持ち帰ってきた「学校だより」に
こんな一文がありました。
ノーベル賞を受賞した小柴昌俊先生は、「人生は卒業後に自分からどれだけ能動的に働きかけたかで決まる。」と言われました。
と。

本当に今、しみじみそれを感じています。

戊戌の昨年は、手相講座も開き、アウトプットできました。
己亥の今年は、様々なことを勉強して吸収していく予定です。

そしていよいよ!
部屋が片付き(苦笑)、書の教室「麗舟会」を始めます。
(HPにはこれから書きます。)


グリーンのイスは私の席。
その正面に座って書いていただきます。

相変わらず、募集要項はコレといってないのですが、
これまでに私の鑑定を受けられた方か
イベントに参加してくださった方で
まずは大人の女性を対象に始めていきます。
マンツーマンです♪

書の指導も過去に経験がないもので、
どうなるのか手探りになってしまいますが
それでも構わないわよ♪という方、お待ちしております!

稽古:月に1度 1時間程度(日時:その都度相談)
月謝:5,000円
場所:さいたま市(最寄駅より徒歩12分)

もしご興味ある方がいらっしゃったら
reishu.takama@gmail.com

こちらまでお問合せください。

立春なのでお雛様飾りました~。

高天麗舟

 

その人の内面が方位に表れる

年末年始、GW、夏休みなど、よくテレビで「空の便は…」と
これから海外に行く人にインタビューする映像が流れます。

これは職業病というか悪趣味になるのかもしれませんが、
「う~ん、五黄殺に行くのか…」「この人は暗剣殺か…」などと
複雑に思いながらテレビに近づき、
画面を通してその人の雰囲気を観察してしまいます。

私個人が感じている、
方位学を知らない人が無意識のうちに移動する方位ですが
・凶方位に行く人:60~70%
・可もなく不可もなく:20~30%
・吉方位:10%(…もいないかもしれません。)
くらいの印象です。

多くの例を通して感じていることですが、
無意識のうちに選ぶ方位や、行きたい・気になる方位、
流れで行くことになってしまった方位、
我を通して行ってしまう方位等には、どういうわけか
その人の現在の運や精神的な課題が映し出されているもので、

運のいい人は無意識のうちに吉方位に移動しますが、
悩みが尽きない人は、より悩みを引き寄せるような方位を
運が傾いてきている人は、より運が傾く方位を
恋愛・肉体関係を求めている人は、それを引き込みやすい方位を
不思議と選んだり、その方位に魅力を感じたりするのです。

「移動先の土地の気を受ける」のが方位学ですが、
それ以前に、そもそも
「その人の運や内面に見合った方位に引き寄せられる」
ということを強く感じています。

それは「その人に沿ったものの中でしか動けない」という
厳しい現実を見せられているようにも感じます。

これを断ち切るひとつの方法に吉方位の活用がありますが、
それより無意識のうちに、せめて普通方位を選べるよう
日頃から運をあげておくことも大切かなと思います。

運を上げるというと
急に開けるようなイメージを抱くかもしれませんが
そうではなく、

他人から見た自分を演出するために動くことや
人のためと言いながら自分の欲求を満足させることなどせず、
何があっても腐らず、
今できること・しなければならないことに集中していく
地道な努力を積み重ねることでしょうか。

やはり損得だけで対応したり、
個人的な小さな思惑の中で動いていては
運は味方してくれません。

内面に凶方位を引き寄せる要素がなくなれば
自動的に運も上向いていくと思います。

 

高天麗舟

日主別、2019年キーワード

前回のブログで
いよいよ書の教室「麗舟会」始めます。
募集要項は、落ち着き次第HPにアップします。
と書きました。

その後部屋の片づけを終え、新たなテーブルも届いたのですが
もともとあったカーペットのヘタりを上手く処理できず、
あの手この手を尽くしましたが改善できず。
なんともモヤモヤ気分でございます。苦笑

一刻も早くなんとかしないと精神衛生上良くないので
先日、業者さんに張替の見積り依頼をしました。

まさかリフォーム事態にまで発展するとは…と思いましたが、
「そういえば、日主『甲』の私は今年、
家具・家屋にちなんだことが起こりやすかったんだわ…」
と思い出しました。

というわけで、一昨年も書きましたが、
2019年(正確には2/4~)、日主別のキーワード発表です。
ただし、これらのキーワードが吉となるのか凶となるのか?は
個別鑑定しないと判断できません。
【キーワードにちなんだ出来事が起こりやすい一年】
という感じで解釈していただければ…と思います。

四柱推命の鑑定を過去に受けられた方は、
ご自分の日主(※生まれた日の十干)を確認してください。
「日主?なんじゃそりゃ??」って方は、
浅野太志先生のHP下の「日主占い」で誕生日を入力すると
確認できます。

それではいきます。

◆日主「甲」の人
移動、金銭、商売、家屋、不動産、投資、男女関係など

◆日主「乙」の人
多忙、移動、金銭、商売、社交、世話事、男女関係など

◆日主「丙」の人
反抗、改革、辞める、着想、感性、発表、鍛錬、芸術など

◆日主「丁」の人
交際、人間関係、創作、表現、技術、遊興、太りやすさなど

◆日主「戊」の人
自己主張、強引、開拓、損失、分離、ライバル、身内など

◆日主「己」の人
自己主張、独立、開拓、挑戦、分離、友人や対等な関係の人など

◆日主「庚」の人
学問、研究、資格・スキル、内向的、引立て、甘え、干渉など

◆日主「辛」の人
孤独、内向的、甘え、模索、研究、資格・スキル、精神世界など

◆日主「壬」の人
組織、地位、名誉、競争、抑圧、委縮、信用、法律、
女性の場合は男性運など

◆日主「癸」の人
組織、地位、権力、使命、抑圧、転換、信用、法律、
女性の場合は男性運など

以上です。
己亥の一年が良い年となるよう、
キーワードのごく一部ですが参考にしてみてください。

早くカーペット直して
「麗舟会」募集のお知らせしたいです~!

高天麗舟

一年の計を立てる松の内

あけましておめでとうございます。

さて、みなさま。
2018年の「お宝期間(10/10頃~12/31の約80日間)」は
いかがでしたでしょうか?

私の方は、自分が用意する鑑定書について
昨年の中ごろから変更の必要性を感じてはいたものの
なかなか踏み切れずにいたのですが、
いよいよ変わらざるをえない状況になってきたのかな…
という流れを感じました。

これまで手相では約3,000名の方を観てきまして(たぶん)、
四柱推命では、130~140名分の鑑定書を作成してきました。
イベント等の鑑定書ナシの鑑定も含めると
160~170名になるかと思います。
(手相も四柱推命も著名人を勝手に占うのは含めていません)

手相もそうですが、鑑定人数100名を超えると
いろいろと見える景色や状況が変わってきまして
それに従って進んだ方が自然なんだろうなと感じています。

話は変わり、タイトルの「松の内」。
松の内というのは、
正月の門松が立っている1/1~1/15の期間を指します。

手相の師である西谷泰人先生によると
門松は神霊が降臨する依代(よりしろ=家)とされ、
門松の立つ期間は、神霊が家々に滞在する期間となる。
そのためこの期間は、
その年・一年のインスピレーションを受けやすくなり、
一年の大筋を決める絶好の期間!
となるのだそうです。

ということで、今年一年何に力を注ぐか?考えました。
まずは、四柱推命鑑定書の書式変更。そして

昨年ある方から「易を教えてください」と声を掛けられ
また別の方から「易の講座を持って欲しい」と頼まれたので
2020年には形にできるよう、今年一年ジックリ時間をかけて
易の勉強に取り組みます。

さらに、西洋占星術も常識の範囲で勉強し、

書は教養として「かな」に励み…

いよいよ書の教室「麗舟会」始めます。
大掃除が間に合っていない言い訳…のつもりはないのですが、
2/4の立春を新たな年の始まりとしているので
この一ヶ月でお弟子さんを向かい入れられるよう
必死に片付けに取り組みます。

「麗舟会」の募集要項は、落ち着き次第HPにアップします。

そうだ、あと今年はもっとブログも書きたい。

ということで
みなさま今年もよろしくお願いいたします。

高天麗舟

 

手相講座、無事終了しました。

9月29日から始まった手相講座ですが、
みなさまのおかげで無事12月15日に終えることができました。

私の初めての講座にもかかわらず
大切な時間を掛けて受講してくださった皆様、
また、この講座を紹介してくださった先生方、
本当にありがとうございました。

第一回の講座では
緊張しまくる私を心配しながらも皆様温かく受け入れて下さり、
中盤では下ネタに走る私も受け入れて下さり、(笑)
最終回では
「これで終わらず、第二回も講座やった方がいいですよ!」
と、何人もの方が有難い言葉を掛けてくださいました。

こうして無事に楽しく講座を終えられたのは
とにかくとにかく、受講してくださった皆様の
穏やかな人柄と懐の深さのおかげです!!!
本当にありがとうございます!!!

ゴールデンウィーク明けからテキスト作りに入り
講座中も少々手直しをしていたので、時間はかかりましたが
今、実際の鑑定ですぐに言葉が出なかった線については
私もこのテキストを読み直しているくらいなので(笑)、
自画自賛にはなりますが、参考になるものをお渡しできたかな…
と思っています。

そして、初めて手相を教える立場になって
自分にはなかった視点や様々な質問を受けることができ
私も非常に勉強になりました。

実は、全6回を終えた感覚がナゼか薄く
今ひとつホッとできていないのが正直なところなのですが、
…反省点からかもしれませんが…
手相を勉強された皆様が自分の人生と周囲の人のために
役立てることができれば、幸いです。


↑写真はド緊張の第一回目の講座より。

本当にほんっと~にありがとうございました。
あ~、たのしかった♪

高天麗舟


 

作品に挑戦してみて/2018

泰永書展、お陰様で無事終了いたしました。
会場に足を運んでくださったみなさま、
本当ありがとうございました。

今回は草書を書きました。

毎年作品を書くのに、師のお手本を見て書いているのですが
「今年は自力で書いてみたい~!」と挑戦意欲が湧き出したので
ダメ元で昨年のうちに師に申し出てみました。
有り難いことにOKをいただき、昨年10月から書き始めました。

いや~勉強になりました。っていうか勉強以外ない。(笑)

1,362mm×695mmという大きさの一枚の紙の中に、
遠くから作品全体を観た時に作品から訴え出る要素。
右から行を目で追った時に作品から訴え出る要素。
単調になったら飽きられるし、
だからといって、わざと山場をつくったら鼻につく…
といった具合に、様々な要素を詰め込んでいきます。

さらに起承転結を視覚的に組立てていくのですが
組み立てる意識を持って書くと
計算が先立ったつまらない作品で留まってしまうので
ある程度書き込んでいったら、
終盤は組み立てるという意識を捨て去り、
結果的に起承転結が出来上がるようなところまで
持っていきます。

自分・自意識というものを捨てて捨てて捨て去って
仕上げていかなければなりません。

なんですが、まだ技術が乏しいぶん、
何かを巻き返そうとこの作品にはまだ自意識が残っています。
…苦笑。

約一年を通して作品に挑戦し、
自分の技術のどういうところが足りないのか
心臓が痛くなるほどわかりました。
そして何より、書の鑑賞ポイントを学び、
(まだまだですが)観る眼を養うことができました。
これは本当に大きな収穫でした。

やはり観る眼がないと、
作品を書くにも向かう方向がわかりませんから。

前から感じていたことですが、
多くの人が書の展覧会に興味を持てないのは、
作品の良し悪しがわからないからではないでしょうか。

…今回、合点がいったんです。
書の作品の良し悪しというのは、
そもそも勉強しなければわからないものだったんだ、と。

そして書道展などでなかなか感動できる作品に出会えないのは、
観る側の、作品を観る眼が養われていないことはもちろん、
作家側の、作品を観る眼もないからではないかと。

さて。
半年ほど自力制作に挑戦し、自分の弱点を把握したものの
どう弱点から抜け出せばいいのか、途方に暮れていました。
すると、師が最初の二行を手本として書いてくださいました。

一生懸命勉強し技術に限界を迎えたあとの手本は、格別です。
今までなら気づくこともなかったであろうあらゆる要素が
手本から浮き出して見えました。

同じ手本でもその活かされ方は、
受け手側の受信能力によるものだと改めて実感しました。

努力した分しっかり成長しているんですね、自信がつきました。
一年まじめに作品と向き合って本当によかったです。

来年は暑苦しい隷書に挑戦する予定です。

 

高天麗舟

 

四柱推命 手相 方位学 易