「障害児育児」カテゴリーアーカイブ

しょうがないものはしょうがない。

自己責任についていろいろ言われている今日この頃。
障害者は自分で育てられないんだから
強制不妊手術を受けて当たり前…という意見もそう。

そういえば10年ほど前、「役に立たないコを産んで」と
赤の他人に言われたことがありました。(笑)

税金使って生きるいわゆる生産性のない人間は生きる価値なし
という考えなのでしょうが、
福祉サービス業等、
いろいろ出来ない人がいることで生まれるものもある訳で。

「人に迷惑を掛けてはいけない」
これを頑なに信じ、疑いなく守っているからこそ、
これから外れるものを悪とする価値観に行き着くのだろうと。

人なんて迷惑を掛けながらでないと結局は生きていけない…
と思うのですが。

いつか、乙武さんとお話しする機会があれば
聞いてみたいと思っていたことがありました。

10月31日、AM7:30の渋谷。
ハロウィーンでしたが、さすがに朝は何事もなく。
無事、『車輪の上』著者 乙武さんに会えました。

『障害者には優しい言葉を掛けるもの』という空気を
結果的にボクは壊したことになりました。(笑)

といったことを話されていて、
確かに手足ないけど障害者であることを忘れさせる人だなと
ミョ~に感心してしまいました。(笑)

「乙武さんは、いろいろな介助がないと現実として生活できないと思うのですが、人の手を借りることに罪悪感を感じたことはありますか?」

生まれながらにその身体だし、親に可愛がられていたようだから「ない」って答えるんだろうなぁ~と思いつつ、質問。

「ないよね~。だってしょうがないじゃない。
でもその分、自分にできることはやろうって!」

やっぱりそうよねぇ~、そこよねぇ~。
コレ、乙武さんみたいな有名人だからってことでなく
ウチの娘にしても私にしても言えること。

出来ない現実・人の手を借りることに罪悪感を感じないって
なかなか難しくて、
そこに罪を感じてしまうから人の手を借りないよう
皆、必死に歯を食いしばって生きてしまうと思うのですが、

頑張っても人の手を借りざるをえない、しょうがない!と
人の手を借りる自分を許すことができたら、
人にも厳しくなくなって
自己責任を強要する世の中でなくなるのかなぁ~と。

「しょうがない」
という言葉の威力を身をもって教えてくれた乙武さんでした。

 

高天麗舟

「バカ」ってなんだ?

知的障害ある息子の自死「バカなりに努力しろ」メモに

小学生のころから一日も学校を休まなかった息子が、就職からまもなく自殺した――。
浜松市西区の漁業鈴木英治さん(52)と妻のゆかりさん(50)が、次男航(こう)さん(当時18)の死の理由を問い続けている。航さんには軽度の知的障害と学習障害があった。

 航さんが、職場の自動車部品工場へ向かう途中で自殺したのは3年前の5月20日。その日、いつもより早く家を出た航さんは、通勤に使っていた午前7時20分の電車をホームでやりすごした。次の電車も見送り、同46分の貨物列車に飛び込んだ。駅の防犯カメラに映像が残されていた。

 航さんは、現場で教えられた仕事の手順などを細かくノートにメモしていた。その中にはこんな走り書きがあった。「バカはバカなりに努力しろ」

航さんに軽度の知的障害と学習障害があるとわかったのは小学4年のときだ。通信簿はオール1。だが明るく、人なつっこい性格で友だちに好かれた。親や教師に言われたことはきちんと守る一方、融通や加減が利かない。高校で入った野球部や水泳部では倒れるまで練習を続けてしまうことが何度もあったという。

 高校卒業後、県内の大手自動車部品工場に障害者雇用枠で就職。「小中高と12年間、無遅刻・無欠席。本人もまじめで体力があることは自覚していたので、工場での単純作業なら向いていると思ったようだ」と英治さんは話す。

 だが、就職からわずか50日で航さんは自ら命を絶った。一体、何があったのか――。遺品のノートにあった「バカは~」の文字や、その後の会社とのやり取りの中で、両親の疑念はふくらんでいったという。

以上、朝日新聞デジタルより

「バカと言った方がバカだ!」
子供の頃、そんな言葉を聞いた人は多いかもしれませんが、
まさにこれがそうですね。

健常の中にも「何度教えてもできない人」は存在します。
これは本人の理解力による部分も確かにあるとは思うのですが
周囲の教え方や根気による部分も大きいように感じます。

「じゃ、バカってなんだ?」
と、自分が思うバカの定義を思わず考えてしまったのですが、

「自分がどういう時に怒りを感じるのか?」をまず掘り下げたところ
「自分自身、大切にされていない」と感じた時となりました。

このニュースの航さんも、
大切どころか、ひどい扱いを受けたから死を選んだと思うんです。

過去の出来事を辿って考えついた答えは
(私は根に持つタイプ♪)

一言でいえば、
「人間の尊厳を侵す人」
となるのですが、具体的には

・人を蔑む
・人の思いを汲めない/踏みにじる
・命を軽んじている

こんなケースが思い浮かびました。

先月、またお声を掛けていただき、埼玉大学教育学部にて
障害児育児についての講話を母友としてきたのですが、
その講話後、全国の障害者施設での虐待の話になりまして
普段ニュースで聞くのは氷山の一角にもなっておらず、
とにかく想像以上の根深い背景がある事を知りました。

ある条件を満たせば障害者からの証言も有効になるため、
今後、障害者の声が広く大きく届くことを願う私です。

知的なことは問題にはなりません。
心根が大切です。

 

高天麗舟

 

感じる機会を奪わない

今年も、障害のある子を持つお決まりのメンバー3名で

埼玉大学・教育学部にお邪魔して、学生さんたちに

障害児育児の生々しい現状(ただの日常ですが。笑)を話してきました。

・妊娠・出産~障害の受容まで

・就学前の療育、入学まで

・学校や教師、行政に望むこと

毎回、こんな順序・内容でお話しさせていただきまして、

最後に私が、悪口めいたことを言っておしまいになる感じです。(笑)

今回は、感激したことがありました。

私たちは、ほぼ毎回

「偏見のない子供の世界は素晴らしい!」という話をするんです。

ウチの娘の場合は、公立の保育園で健常児と一緒に過ごしていました。

上手に話せなくても、上手に走れなくても、

子供なりに娘のお友達は工夫して、娘とかかわってくれました。

ある程度大人になって、

会話がはずまない娘に対して物足りなさを感じたり、

一緒に勉強できなくなったり、

ということで離れていくのは仕方ないにしても、

最初から健常・障害で大人が環境を分けてしまうのはいかがなものか?

と感じているわけです。

今回、特別支援教育を視野に入れている学生さん数名に

お話を伺ったのですが、

やはり子供時代、同じ教室に障害のある子がいて、

その友達との関わりがキッカケになったという話があがりました。

ほ~ら~~~。

実際に数名の人生に影響しているわけですよ、そういった環境がっ!

 

「障害をもった子どもが生まれた責任は親にある」

最近この一言がフェイスブックなどで賑わったようですが、

妊娠前の食事や生活の乱れが原因である、という考えで

そういった意見を持つことに対しては、不思議に思わないのですが

「障害者は社会のお荷物」という風にこの言葉を捉えて

この意見に賛成している人に対しては、

自分が一生健常でいる保証がどこにあると信じているんだろう?

と、ポカ~ンとしてしまい、

また、そういう風に捉えて反対している動きに対しては、

俳優・石田純一氏の「不倫は文化だ!」という

言葉だけが独り歩きした状況を思い出してしまいました。(笑)

 

私は、他の親と同じように、ただ産んだ子を育てているだけで

別に誰に何を言われようと反省もしないし、

娘が障害児として生まれた原因が、仮に妊娠前の生活にあったとしても

「へぇ~」としか思いようがありません。

私のベストな時に、私にとってベストな娘が生まれてきてくれた♪

それだけです。

 

今が幸せであれば、何とも思わない話であり、

障害のある人と関わって人生が変わる人もいる、というのも事実です。

 

高天麗舟