「易」カテゴリーアーカイブ

時代を変える「少数決」

もともと読書好きではないのですが、今から10~15年ほど前は
よく自己啓発系や成功哲学の本などを読んでいました。

しかし、手相や四柱推命など占いの勉強をしたり、
易の研鑚のため易経を読み進めたり、
書作品の創作で老子道徳経などを読んでいくうちに
「成功しようという意識自体浅いんだな…」という(笑)
非常に心地よい冷めた境地に辿り着き、
日々、自分の器の中で精一杯生きるに至りました。

特に易経は、日常生活で易を立てながら勉強しているので
もう、ぐうの音も出ないような原理原則を感じます。

中でも私が好んでいるのが「少数決」という原理。
いわゆる多数決とは真逆の、
「数の少ない者が、勢力があり主になる」考え方。

例えば上の写真は “地水師” という戦いの卦ですが、
六爻のうち、五つが陰で、下から二番目の爻だけが陽です。
陰の数が多いから陰が主体となっていると読むのではなく、

たったひとつの「陽=司令官」が
「陰=大勢の衆(兵)」を率いている

のように、一陽を非常に重要視します。

もっと簡単に少数決を言い表すと、
男子校に女子高生一人来たら、男子みんなが色めき立つくらい
女子高生一人の影響力は強い…
というもの。(笑)

変わったことをすると何かと叩かれやすい世の中ですが

いつの時代も前例のないことをする人が現れ、
その他大勢の人は
その人についていったり、流されたり、あるいは批判したりと
いろんな形で結局は影響されながら
その前例のない出来事が残っていくんだな…
そういう人たちが時代を創っているんだな…

ということをしみじみ感じます。

いくら流行りの洋服を着て最先端のつもりでいても
既にあるものを着ているだけの追随者…なんですね。
皮肉です。(苦笑)

↑この本をGWの合間に読んだのですが、

バイクの事故で重度障害者になったある男性が
「ボランティアに頼るのはやめて、有料介助者を雇おう」と
それまでになかった障害者自身が雇用主となるモデルをつくり、
それを機に、全国に自立生活センターが広まった…

というお話が載っていました。

やはり前例にないことをするのを恐れてはいけないですね。
心から勇気づけられました。

 

高天麗舟

※私が所属する泰永会の展覧会がオーストリアで開催されます。
この式典に出席するため、5月の鑑定はお休みします。

「火山旅」での気づき

実は、二月の立春を過ぎて間もなく娘が体調を崩し、
2ヶ月近く不安定な日々を過ごしています。

学校でインフルエンザ・胃腸炎と
立て続けにうつされたのをキッカケにまず持病が悪化し、
さらに消化器が弱ったことから腸閉塞になりかかったようです。

どういうわけか我が家は、
娘の体調が悪い時は、もれなく夫の仕事も忙しく
久し振りに看病で眠らない日々を過ごしました。

そんなことから鑑定も日時変更のお願いをせざるを得ず、
(快く変更して下さった皆様、本当にありがとうございました!)
書の作品も締切が迫っているのに落ち着いて書くことができず、
またなんというタイミングか、この期間に迎えた私の誕生日も
洗面器片手に家中走り回って終わりました。

“明日こそ良くなって欲しい、でもわからない…”
そんな毎日を送る中で改めて思い知ったのは、

どんなに不安に襲われようとストレスが溜まろうと
今の私のこの思いを一滴漏らさず正確に汲み取り
慰め救ってくれる存在などどこにもいない。
という事と、

何があっても結局は、
自分で折り合いをつけて自分で自分の機嫌をとるしかない。
ということでした。

あぁ~、やっぱり「人間は一人なのだ」と
諦めではなく、本来の意味として肚に落ちました。

易に火山旅(かざんりょ)という卦があります。
旅・旅人という意味ですが、
この卦が意味するのは、今のようなお気楽な旅とは違います。

昔の旅は交通の便は悪く、また治安も悪く、
道中は知らない人ばかりで孤独で心細くなります。
宿もわずかなため甘えるわけにもいかず、
人との親しみ薄く、不安が絶えません。

よってこの卦が出た時は、主に孤独で不安定な運気を示します。
この2ヶ月間、夫にも頼れないし、まさに火山旅の状態でした。

久し振りに精神的にこたえましたが、
この火山旅、運気は不安定ですが学問・研究には良く、
そのせいもあるのでしょうか、
「本来人間は孤独な生きもの」と気づくことができました。
そして、孤独ながらに歩んでいくしかないんだな…
ということにも気づけました。

やはり、人の成長には
ある程度のストレスが必要なのかもしれません。

昨日今日あたりからようやく娘の体調も落ち着き始め、
火山旅の学びはとりあえず終了したような感じです。

「火山旅」の次の卦は、進退決せずの「巽為風(そんいふう)」。
この流れの通りになってしまうと
まだ安心はできないことになってしまいますが、
娘の体調も私の仕事も
ともにゆっくり焦らず送っていこうと思います。

高天麗舟

書不盡言。言不盡意。

11月27日(火)より泰永書展が始まります。

昨年10月よりこんな感じで時間をみつけては書いておりました。

今回の作品は、易経「繋辞上伝」から。

草書なので何が書いてあるのかわからないと思いますが
活字にすると以下になります。

子曰。書不盡言。言不盡意。然則聖人之意。其不可見乎。
子曰。聖人立象以盡意。設卦以盡情僞。繋辭焉以盡言。
變而通之以盡利。鼓之舞之以盡神。

ブログのタイトル「書不盡言。言不盡意。」は、
文字に書き表したことは言おうとすることを尽くし得ないし
口に言い表したことは心に思っていることを尽くし得ない。
という意味です。(『易経 下』岩波文庫より)

自分の言いたいことを文章にすることで
まずは文字の制限が加わり、
次にそれを受け取る読み手の感性と
さらには読み手の観念からも制限を受けてしまう…

文字による伝達には限界がある。…よく感じることです。
また思いを口で相手に伝えることも、とても難しいものです。

先日もイベントの合間に何名か鑑定させていただいたのですが、
限られた時間の中で的確な言葉を選んで伝えることの難しさを
痛感しました。

ひとつの単語でも、
自分が思い浮かべるものと相手が思い浮かべるものと
全く同じという保証はなく、相手の表情を見て初めて
「いやいやそんなつもりで言ったんじゃなくて…」
なんて気づくこともあるものです。

占い師という仕事は、
他人様の人生にクチを挟む“事の重大さ”を
承知していなければなりません。

相手の話に耳を傾けるときは、自分の観念を外すこと。
自分の思いや意見を伝えるときには、こちらの都合を外すこと。

改めてそんなことを意識して鑑定していこうと思いました。

ちなみに、書不盡言。言不盡意。のあとはこう続きます。
ならば、聖人の心を知ることはできないのだろうか。

孔子は言った。
聖人は易の象を立てて心のすべてを表し、
卦を作ってあらゆる事物を判断し、
辞をつけてそれを説明し尽くした。
変化に応じて民をより良い方向へ導き、
民心を鼓舞し、人知の及ばぬ不思議な力を発揮した、と。
(『中国の思想Ⅶ 易経』徳間書店 より)

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださいね!

高天麗舟

占い師の精神性により…

タロットや易など偶然から答えを導き出す占術を
卜術(ぼくじゅつ)といいます。

四柱推命のように人生まるごとを観るというより、
直近の出来事を占うのに適した占術です。

先日「大きな決断で迷っているので易で観て欲しい」と
知人から依頼がありました。

本当に大きなチャンスであると同時に大金が動くお話で
そんなことを私が占っていいのか?と思うほどの内容でした。

卜術は偶然で決まるだけに集中力が必要です。

結果は、せっかくのチャンスであるのにもかかわらず
「見送れ」
と出ました。それだけでなく、
この件の裏に潜んでいる理由も具体的に表れていました。

私自身、信じられない結果でとても戸惑いました。
しかしどうみても「見送れ」としか読めず、
潜んでいるという理由もまっとうで筋が通っていました。

それでも重大な件なだけに
この読み解き方で本当に正しいのか?念のため、
四柱推命の師、浅野太志先生の意見も伺ってみました。
(浅野先生は易にも精通しておられます)

私はこれまで「卜術」というのは、
どの占い師が占っても、偶然であるにもかかわらず
大体似たような結果になるものだと思っており、
(実際、友人占い師とは似た結果になることが多い)

占い師によって結論が変わってしまうのは
その占い師の経験値(人生経験、結果の読み解き方等)や
単純に腕の有無と考えていたのですが…

「占い師の精神性によって結果の純粋さが変わる」
という新たな視点を今回初めて教えていただき、
非常に衝撃を受けました。
(浅野先生、本当にいつも感謝です!)

でも確かに
占い師とお客様の波動が掛け離れるケースも少なく、
占い師とその占い師が出す答えに関連性はあって然るべきかと。

浅野先生には
私だからこそ欲にまみれないシビアな結果が出たのだろう…
とおっしゃっていただき、
依頼してださった知人の方には結果そのままを伝えました。

すると、裏に潜む理由について「心当たりアリ」とのことで
潔く見送る決断をされました。

偶然で答えを導き出すという、ある意味単純な占術なだけに
人間の能力を超えたもののチカラを借りるためにも
日頃、純粋に素直に送っていることが大切なのだと感じました。

…と同時に、卜術の怖さを再認識しました。

 

高天麗舟



今回の卦ではありません。イメージ画像ね。

 

 

 

之卦 沢地萃

私は文章を書くのは好きなのですが、実際書くのは遅いため
ブログは週1回の更新を目標に
空いている日に一気に書き上げたり、すぐにアップしなくても
空いてる時間があれば書き溜めたりしています。

8月3日に
運を塞ぐ意固地と独り相撲
というタイトルのブログを更新しました。

これは空いている時間にちょこちょこ書いて完成させていたので
いつアップしても良い状態になっていました。

しかし、こうなると「いつアップしたらいいんだか?」と悩むもので
せっかくだから易に訊いてみようと8月2日に易を立てました。

易は占的を具体的にしておくことが大切なので、
明日アップか?明後日アップか?で質問をしました。

【8月3日が良いか?】
⇒ 
雷地豫 五爻(之卦 沢地萃)


【8月4日が良いか?】
⇒ 坎為水 二爻(之卦 水地比)

8/3の「雷地豫(らいちよ)」というのは、
予め準備しておいたことが芽吹く喜びを表す卦です。

「之卦」というのは、「雷地豫 五爻」の場合、
下から五番目の陰を陽に変えて得た卦のことで
之卦のような成行き・含みの事情があると読み解きます。

今回の之卦は「沢地萃(たくちすい)」なので、
人が集まる、繁盛のような動きを含んでいる、とみました。

以上から、8月3日では
予め準備しておいたブログをアップするのに良いでしょう。
多くの人に読んでもらえる可能性があります。
となり、

8月4日の「坎為水 二爻(之卦 水地比)」では、
あとになって仲の良い人が読んでくれるようですが、
その日にアップしても閑古鳥が鳴いているような状況でしょう。
と読みました。

そんな訳で易に従い、8月3日にアップしたところ、
いつもお世話になっている方がfacebook上でシェアしてくださり、
私のことなど微塵も知らないであろう方々と縁を結んでくれました。
(本当に有り難うございます!)
更に、そこからまたどなたかがシェアしてくださったようで(たぶん)
まさに沢地萃の状況となりました。

さらに。
このブログは、2015年2月に開設したのですが、
アクセスカウンター設置の設定が私には難しく、
ようやく2016年10月末からアクセスを数えられるようになりました。

それから約10ヶ月が経ちますが、無名のブログにもかかわらず
みなさまのお陰でアクセス数は地道に伸びてくれまして、
なんと!その8月3日に、10,000アクセスを超えたのです!

毎度思うことですが、卜術とは本当に不思議なものです。

いつもお読みくださっている方、
占いの検索でたまたま辿り着いた方、
みなさまに感謝です。
本当にありがとうございます。

これからも地道に書き続けてまいります。

 

高天麗舟

 

北西、吉方位の旅。おわりに

今回、いかにも吉方位旅行っぽいなぁ~と思ったことがありまして。

出発の10日前に夫が「こんなのあるよ」と地域新聞を見せてくれまして、そこに群馬プレミアム宿泊券と大きく書かれていました。ザックリ書くと、

「一枚2,500円で購入すると5,000円分の宿泊券として使えるチケット」

だそうで、もういっちょ書くと、

「対象の宿に泊まると、宿泊費が2,500円得するチケット」

で、偶然にも私が予約していた宿はその対象になっていました。

しかも、チケット有効期間が7/17~で、チケットさえ手に入れば、二日目の宿からそれが使えるのでありました。

これは何としてでも手に入れたいぃ~!

お一人様10枚まで購入OKなので、10枚買えれば、

50,000円分の宿泊費が25,000円で済んじゃうぅ~♪ってコト。

銀座のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」まで行って並ぼうと思ったけど、それより近所のコンビニなら誰もいないだろうと、当日、9:55セブン着。

が。

すでに宿泊券のチラシを持ったオジサンが発券端末を占領。

オジサン、操作が苦手なようでモタモタ。諦めて私に譲ってくれた。

が、繋がらない。

繋がらないながらに、昔、好きなアーティストのチケット欲しさに、必死でチケットぴあに電話したのを思い出し、懐かしむ。(笑)

背中からオジサンからのプレッシャーを感じつつ、しつこく操作する私。

そうこうしてるうちに、ライバルがもう一人ご来店。(笑)

新米ライバル、端末を操作するとアッサリ撤収。

もうオジサンと私の二人きり。

オジサン、相変わらずモタモタ操作。

…いったいどうなるんだか…

とここで、バッグからスマホを取り出し、

占的:私、チケットを手に入れられるのでしょうか???

と念じ、いきなり大きくスマホを三回振り、易をたてた。(易アプリね。笑)

山沢損 二爻変 ⇒ 山雷頣

むむ??「サンタク損」デスカ??「損をして得をとれ!」ってことかな?じゃ、この端末はオジサンに譲って、私は近所のファミマに移動しよう!

そして、ファミマへ全力疾走!

しかし、こちらも宿泊券狙いのスーツ男子が端末占領。

なんだけど、後ろから覗いたところ、しっかり端末が繋がっている。

…オジサン、残念だな。私はファミマで手に入れるからなっ!…

なんて思いながら、スーツ男子を見守る。

スーツ男子、枚数を入力。謙虚に「2」と入力。(笑)

そして「しばらくお待ちください」に画面が変わり、待つこと数秒。

 

 

「販売枚数、終了しました。」

 

 

と、無情な一文が。。。

チカラなく笑うスーツ男子。

 

 

それ以上にチカラなく佇む私。(笑)

往生際の悪い私は、「いや、損をして得をとれるはず!」と端末を操作。

「販売枚数、終了しました。」

やはり、同じ。(笑)

 

あ~れ~~??おっかしぃ~なぁ~。易は正しいはずなんだけどなぁ。

 

もう外出の時間になってしまったので、電車に乗り込んだ。

すると間もなくバッグがブルブルし始め、スマホを取り出すと、登録していない番号が表示されていた。

電車の中だし、いつもだったら知らない番号は無視するんだけど、どういうわけか、車両の端っこに移動して「もしもし」と出てしまった。

なんと!!

番号の主は、このチケットを私が欲しがっていると知っていた親戚で、

「チケット買えた??さっき6枚買えたから、譲るよ!!」

と!!!!!

信じられません!!だって、その親戚が買うなんて一言も聞いてなかったんですから!!

とにかく、ひゃっほ~~~~~い!!

6×5,000-6×2,500=15,000円のおトク!!(数字は苦手です。)

そして、どどーん!!

shukuhakukenn

可愛いぐんまちゃん。

ということで、15,000円トクをすることができました。

この運びの良さが吉方位なんだなぁ~と、感謝です。

 

で、この易の解説を天道春樹先生にしていただいたところ、

山雷頣(さんらいい)

という卦は「むこうからやってくる」という意味があるそうで、実際自分で手に入れられなくても、むこうからやってきてくれたワケです。

吉方位も易も素晴らしい!!

こんなにやりがいのある勉強、他にはもう見つけられません!!

 

群馬プレミアム宿泊券、第二期の発売日は、2015年9月25日10:00~ だそうです!伊香保に草津に水上に…ぜひ、群馬へお出掛けください!

 

勝手に観光PR 高天麗舟