「展覧会」カテゴリーアーカイブ

癖が魅力に~特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」をみて~

先月の終わりごろ、東京国立博物館で開催されていた
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」を観てきました。

会期終了間際だったためか、とんでもない混雑ぶりで
目線より下に配置してある展示物は
ジャンプしたとしても観られないような状況でした。

仕方がないので第一会場は流し見て、第二会場に移動しました。
が、第二会場終盤になると皆さん集中力が途絶えるようで
目の前で展示物を見られるくらいになっていました。

そして、その、皆さんが飽きてきたであろうエリアに
「今日ここに来てよかった~」という作品がありました。

米芾(べいふつ)です。

孫過庭(そんかてい)も王羲之書法を継承したことで有名ですが
この米芾も王羲之に徹し学んだ方だそうで
手元の本で二人の書を改めて見比べてみると
米芾の方が断然!王羲之の美しさ汲み取り
表現できているように感じます。(何様?的な発言スミマセン)

その米芾の作品ですが、
パッと見るとクセ字のような印象を受けます。
(といっても、それだけ王羲之に徹してきた方なので
一般的に使われる「クセ字」とはまったく意味は異なります)

しかし不思議なもので、そのクセがなんか心地良いというか、
このクセがあるから全体が際立つというか、
逆に、このクセがなければもの寂しいだろう…
というところまで思わされたことに衝撃を受けました。

このクセそのものが米芾であり、
米芾でなければ書けないジャンルが完成されていました。

クセが魅力という領域にまで昇華した素晴らしいお手本を
目にすることが今回でき、
これこそが、がいつも言っている個性なのだろうと
そして、この領域まで来たものを【名品】と呼ぶのだろうと、
頭でわかっていたことが肚に落ち、
またそれを実際に目にすることが出来た感動で
本当に胸がいっぱいになりました。

目から鱗が落ちる…とはこういうことを言うのだろうと
主役の顔真卿ではないところでしたが、
私にとって充実の展覧会でした。

高天麗舟

展覧会がゲキ混みだったので
パンダ・ラテを飲んで時間調整しました。

作品に挑戦してみて/2018

泰永書展、お陰様で無事終了いたしました。
会場に足を運んでくださったみなさま、
本当ありがとうございました。

今回は草書を書きました。

毎年作品を書くのに、師のお手本を見て書いているのですが
「今年は自力で書いてみたい~!」と挑戦意欲が湧き出したので
ダメ元で昨年のうちに師に申し出てみました。
有り難いことにOKをいただき、昨年10月から書き始めました。

いや~勉強になりました。っていうか勉強以外ない。(笑)

1,362mm×695mmという大きさの一枚の紙の中に、
遠くから作品全体を観た時に作品から訴え出る要素。
右から行を目で追った時に作品から訴え出る要素。
単調になったら飽きられるし、
だからといって、わざと山場をつくったら鼻につく…
といった具合に、様々な要素を詰め込んでいきます。

さらに起承転結を視覚的に組立てていくのですが
組み立てる意識を持って書くと
計算が先立ったつまらない作品で留まってしまうので
ある程度書き込んでいったら、
終盤は組み立てるという意識を捨て去り、
結果的に起承転結が出来上がるようなところまで
持っていきます。

自分・自意識というものを捨てて捨てて捨て去って
仕上げていかなければなりません。

なんですが、まだ技術が乏しいぶん、
何かを巻き返そうとこの作品にはまだ自意識が残っています。
…苦笑。

約一年を通して作品に挑戦し、
自分の技術のどういうところが足りないのか
心臓が痛くなるほどわかりました。
そして何より、書の鑑賞ポイントを学び、
(まだまだですが)観る眼を養うことができました。
これは本当に大きな収穫でした。

やはり観る眼がないと、
作品を書くにも向かう方向がわかりませんから。

前から感じていたことですが、
多くの人が書の展覧会に興味を持てないのは、
作品の良し悪しがわからないからではないでしょうか。

…今回、合点がいったんです。
書の作品の良し悪しというのは、
そもそも勉強しなければわからないものだったんだ、と。

そして書道展などでなかなか感動できる作品に出会えないのは、
観る側の、作品を観る眼が養われていないことはもちろん、
作家側の、作品を観る眼もないからではないかと。

さて。
半年ほど自力制作に挑戦し、自分の弱点を把握したものの
どう弱点から抜け出せばいいのか、途方に暮れていました。
すると、師が最初の二行を手本として書いてくださいました。

一生懸命勉強し技術に限界を迎えたあとの手本は、格別です。
今までなら気づくこともなかったであろうあらゆる要素が
手本から浮き出して見えました。

同じ手本でもその活かされ方は、
受け手側の受信能力によるものだと改めて実感しました。

努力した分しっかり成長しているんですね、自信がつきました。
一年まじめに作品と向き合って本当によかったです。

来年は暑苦しい隷書に挑戦する予定です。

 

高天麗舟

 

来年の運気のために

2018年も三ヶ月を切りましたね…
先日、近所のスーパーの雑誌売り場を見ていたら
今年も細木数子さんの六星占術の本が売っていました。

立ち読みしたところ、私は来年「中殺界」だそうで
頑張るぶんだけ空回りの運気…とのこと。

四柱推命からみると疑問しか残らない結果な上、
たまたまですが、私は大殺界の時に結婚して今も幸せなので
やはり私には当てはまりません。

それより毎年この時期になると思い出し、自分を戒めるのが
手相の師匠、西谷泰人先生から伺った「お宝期間」のお話。

その年の最後の約80日間(毎年10/10頃~12/31)は
来年の運勢を占う重要な時期にあたり、

この期間に楽しそうな誘いや仕事、面白い流れを感じられれば
来年はそのような一年になる可能性が高く、

特に良い流れを感じない場合でも
この時期に来年達成したいことを決め準備したり
楽しくなるような動きを始めたりすることで
来年をより良い運勢に変えることができる…

という運気の創作期間のこと。

『頑張るぶんだけ空回り』と言われるより
俄然ヤル気出ます!(笑)

狙ったつもりはありませんが、
この期間に手相講座を開催してよかったです。
(もちろん、受講されているみなさんも!)

やっぱり日頃自分が何をやっているか?で
運気は変わるし、変えられるとも思います。

 

さて、ここからはお宝期間中のお知らせです。

◆11月23日(金・祝)/三井記念美術館
高天麗舟と行く!仏像の手相鑑定ツアー

仏像の手相を (勝手に!) 鑑定して巡るツアーの最新版!
今回は、三井記念美術館で開催中の話題の仏像展、
“仏像の姿~微笑む・飾る・踊る~” です。

もっともありがたい手相の持ち主はどの仏像なのか?!
はたまた頼りがいのない(?) 手相の持ち主はどの仏像なのか?!
もちろん、手相鑑定をしたことが無いという方 もご安心を!
手相の見方がわかる簡単なレクチャーコーナーを予定してます。
仏像を手相という視点から鑑賞しながら、自分の手相も知ることが出来てしまう♪一粒で二度美味しいアートツアーです。

時間:13時~17時
定員:12名
参加費:2800円 (展覧会鑑賞料を含みます)
ご参加希望の方は、ツアー名を書き添えて、
↓こちらの応募フォームからお願いいたします。
https://ws.formzu.net/fgen/S98375463/

11月19日~11月25日/東京芸術劇場アトリエイースト
第二回 藝文東京ビエンナーレに絵画を出品します。
詳しくはコチラ↓
https://geimon.jimdo.com/

11月27日~12月2日/東京芸術劇場アトリエイースト
泰永書展が開催されます。
(私は12月1日のみ会場不在です)
詳しくはコチラ↓
https://taieikai.jimdo.com/

楽しい2019年にできるよう
真心をこめて過ごしていきましょうね。

高天麗舟

藝文東京ビエンナーレ、終了。

11月20日(日)~23日(水)、
東京芸術劇場で開催いたしました「藝文東京ビエンナーレ」、
無事、終了いたしました。

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

あ。その前に。
藝文東京ビエンナーレって?と、今も思われているかもしれませんね。
簡単に言うと、ジャンルを問わない展覧会です。

昨年、我が師、野尻泰煌先生が
「展覧会っていうと、絵画は絵画、書は書、っていう感じでジャンルが限られてるじゃない?そういうのを問わない芸術祭があったら楽しいね!」
という思いつきのような?理想?から始まった騒動?(笑)

まぁ~そこからてんやわんやですよ。
まず、賛同してくれる方々を探し「藝文会(げいもんかい)」を立ち上げ、
顔合わせのような食事会やら機関誌の発行まで。
去年・今年とコマゴマ、よ~く働きました。

ところが、この藝文会。
現在、「男性9名+男性みたいな女性4名」で構成されているもので、
打合せも小さいところに躓かず、建設的に進み、
第一回目にしては、とても和やかにスムーズに楽しく開催できました。

個人的には、この藝文会の活動を通して、
集団嫌いの私なので、もしかしたら一生経験することなく終わったかもしれない経験を積むことができましたし、
またひょんなところで自分の個性というか、特長に気づくこともできました。
さらに、現在の自分を客観視することもできました。
大袈裟かもしれませんが、結果的に人の幅が広がったような気分です。

特に、原稿の締切や連絡の有無など、
私の想像するものとは違う状況になる場面では、
「まぁ、それはそれで。じゃ、次にどうしたら良いのか?」
と、機械的に気持ちが働くようになっていたのには自分でも驚きました。
(育児のおかげかな。私、成長していたようです。よかった!笑)

ここで自分の理想が硬すぎると衝突の原因になってしまうものですが、
それが昔の自分では考えられないほど柔軟になっており、
今回の経験で、更にそういう面での幅が広がったようにも感じています。

何でも経験してみるものだなぁ~と思う今日この頃です。

「みんなの状況を受け入れながら、ベストな状況へともっていく」
個人事業だけでは経験できなかったことです。
お世話してくださった12名のみなさま、本当にありがとうございました。

さて、会場の一部です。
私の立華(生け花)はこんなカンジ。
15181632_1273247459415856_3827289926952509197_n

15078570_1269904279750174_645692251214183731_n 15171303_1270927329647869_5637479672465640574_n 15094334_1269898643084071_6643166558157457219_n

次回は2018年を予定しております。

ありがとうございました。

高天麗舟