「思っていること」カテゴリーアーカイブ

時代を変える「少数決」

もともと読書好きではないのですが、今から10~15年ほど前は
よく自己啓発系や成功哲学の本などを読んでいました。

しかし、手相や四柱推命など占いの勉強をしたり、
易の研鑚のため易経を読み進めたり、
書作品の創作で老子道徳経などを読んでいくうちに
「成功しようという意識自体浅いんだな…」という(笑)
非常に心地よい冷めた境地に辿り着き、
日々、自分の器の中で精一杯生きるに至りました。

特に易経は、日常生活で易を立てながら勉強しているので
もう、ぐうの音も出ないような原理原則を感じます。

中でも私が好んでいるのが「少数決」という原理。
いわゆる多数決とは真逆の、
「数の少ない者が、勢力があり主になる」考え方。

例えば上の写真は “地水師” という戦いの卦ですが、
六爻のうち、五つが陰で、下から二番目の爻だけが陽です。
陰の数が多いから陰が主体となっていると読むのではなく、

たったひとつの「陽=司令官」が
「陰=大勢の衆(兵)」を率いている

のように、一陽を非常に重要視します。

もっと簡単に少数決を言い表すと、
男子校に女子高生一人来たら、男子みんなが色めき立つくらい
女子高生一人の影響力は強い…
というもの。(笑)

変わったことをすると何かと叩かれやすい世の中ですが

いつの時代も前例のないことをする人が現れ、
その他大勢の人は
その人についていったり、流されたり、あるいは批判したりと
いろんな形で結局は影響されながら
その前例のない出来事が残っていくんだな…
そういう人たちが時代を創っているんだな…

ということをしみじみ感じます。

いくら流行りの洋服を着て最先端のつもりでいても
既にあるものを着ているだけの追随者…なんですね。
皮肉です。(苦笑)

↑この本をGWの合間に読んだのですが、

バイクの事故で重度障害者になったある男性が
「ボランティアに頼るのはやめて、有料介助者を雇おう」と
それまでになかった障害者自身が雇用主となるモデルをつくり、
それを機に、全国に自立生活センターが広まった…

というお話が載っていました。

やはり前例にないことをするのを恐れてはいけないですね。
心から勇気づけられました。

 

高天麗舟

※私が所属する泰永会の展覧会がオーストリアで開催されます。
この式典に出席するため、5月の鑑定はお休みします。

縁も関わり方次第

日曜日は、アートテラー・とに~さんとのイベント
「仏像手相鑑定ツアー」の講師ということで
東京国立博物館で開催されている東寺展へ行ってきました。

限られた時間でしたが、たくさんの方とお話しができ、
また様々なタイプの手相を拝見することができ、
とても充実した一日を送ることができました。
参加してくださった15名のみなさま、ありがとうございました!
そしてとに~さん、今回も大変お世話になりました!

こういうイベントでの出会いもそうですが
日常生活を送る中で、人というのは
知らないうちに多くの人と出会っているものです。

深い縁になっていく人もいれば、ただの知人で終わる人、
また、親しかったけど離れていく人というのもありますね。

気が合う・合わないはありますが、最近感じているのは
縁を深められるかどうかは、こちらの関わり方次第
ということです。

特に、仕事以外の関係や利益を伴わない関係においては露骨で
その人の本質が垣間見えてしまうものです。

せっかく良い人と出会ったとしても、相手に対して
雑な対応をしてしまえば相手は離れていくでしょうし、
反対に真心がこもっていれば、
そこから関係が深まっていく可能性が高まります。
一瞬・長期間にかかわらず、です。

こう考えると、人というのは
無意識のうちに人間関係をふるいにかけているものなんですね…

…私は精一杯に人と関われているであろうか??
気をつけなくちゃ。

■アートテラー・とに~さんのブログ、

というシリーズに載せていただきました。
「本日のお客様:三代目大谷鬼次」です。

 

高天麗舟

 

一年の計を立てる松の内

あけましておめでとうございます。

さて、みなさま。
2018年の「お宝期間(10/10頃~12/31の約80日間)」は
いかがでしたでしょうか?

私の方は、自分が用意する鑑定書について
昨年の中ごろから変更の必要性を感じてはいたものの
なかなか踏み切れずにいたのですが、
いよいよ変わらざるをえない状況になってきたのかな…
という流れを感じました。

これまで手相では約3,000名の方を観てきまして(たぶん)、
四柱推命では、130~140名分の鑑定書を作成してきました。
イベント等の鑑定書ナシの鑑定も含めると
160~170名になるかと思います。
(手相も四柱推命も著名人を勝手に占うのは含めていません)

手相もそうですが、鑑定人数100名を超えると
いろいろと見える景色や状況が変わってきまして
それに従って進んだ方が自然なんだろうなと感じています。

話は変わり、タイトルの「松の内」。
松の内というのは、
正月の門松が立っている1/1~1/15の期間を指します。

手相の師である西谷泰人先生によると
門松は神霊が降臨する依代(よりしろ=家)とされ、
門松の立つ期間は、神霊が家々に滞在する期間となる。
そのためこの期間は、
その年・一年のインスピレーションを受けやすくなり、
一年の大筋を決める絶好の期間!
となるのだそうです。

ということで、今年一年何に力を注ぐか?考えました。
まずは、四柱推命鑑定書の書式変更。そして

昨年ある方から「易を教えてください」と声を掛けられ
また別の方から「易の講座を持って欲しい」と頼まれたので
2020年には形にできるよう、今年一年ジックリ時間をかけて
易の勉強に取り組みます。

さらに、西洋占星術も常識の範囲で勉強し、

書は教養として「かな」に励み…

いよいよ書の教室「麗舟会」始めます。
大掃除が間に合っていない言い訳…のつもりはないのですが、
2/4の立春を新たな年の始まりとしているので
この一ヶ月でお弟子さんを向かい入れられるよう
必死に片付けに取り組みます。

「麗舟会」の募集要項は、落ち着き次第HPにアップします。

そうだ、あと今年はもっとブログも書きたい。

ということで
みなさま今年もよろしくお願いいたします。

高天麗舟

 

書不盡言。言不盡意。

11月27日(火)より泰永書展が始まります。

昨年10月よりこんな感じで時間をみつけては書いておりました。

今回の作品は、易経「繋辞上伝」から。

草書なので何が書いてあるのかわからないと思いますが
活字にすると以下になります。

子曰。書不盡言。言不盡意。然則聖人之意。其不可見乎。
子曰。聖人立象以盡意。設卦以盡情僞。繋辭焉以盡言。
變而通之以盡利。鼓之舞之以盡神。

ブログのタイトル「書不盡言。言不盡意。」は、
文字に書き表したことは言おうとすることを尽くし得ないし
口に言い表したことは心に思っていることを尽くし得ない。
という意味です。(『易経 下』岩波文庫より)

自分の言いたいことを文章にすることで
まずは文字の制限が加わり、
次にそれを受け取る読み手の感性と
さらには読み手の観念からも制限を受けてしまう…

文字による伝達には限界がある。…よく感じることです。
また思いを口で相手に伝えることも、とても難しいものです。

先日もイベントの合間に何名か鑑定させていただいたのですが、
限られた時間の中で的確な言葉を選んで伝えることの難しさを
痛感しました。

ひとつの単語でも、
自分が思い浮かべるものと相手が思い浮かべるものと
全く同じという保証はなく、相手の表情を見て初めて
「いやいやそんなつもりで言ったんじゃなくて…」
なんて気づくこともあるものです。

占い師という仕事は、
他人様の人生にクチを挟む“事の重大さ”を
承知していなければなりません。

相手の話に耳を傾けるときは、自分の観念を外すこと。
自分の思いや意見を伝えるときには、こちらの都合を外すこと。

改めてそんなことを意識して鑑定していこうと思いました。

ちなみに、書不盡言。言不盡意。のあとはこう続きます。
ならば、聖人の心を知ることはできないのだろうか。

孔子は言った。
聖人は易の象を立てて心のすべてを表し、
卦を作ってあらゆる事物を判断し、
辞をつけてそれを説明し尽くした。
変化に応じて民をより良い方向へ導き、
民心を鼓舞し、人知の及ばぬ不思議な力を発揮した、と。
(『中国の思想Ⅶ 易経』徳間書店 より)

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださいね!

高天麗舟

「無題」というタイトル

先日もお知らせいたしました、

11月19日~11月25日/東京芸術劇場アトリエイースト
第二回 藝文東京ビエンナーレ
詳しくはコチラから↓
https://geimon.jimdo.com/

に出品する作品を10月から描いておりました。
正確には、3月には鉛筆で下図までにはなっていたのですが。

まずは第一回目の手相講座が終わってからでないと
気持ちが落ち着かないので
10月に入ってから色を塗り始めました。

暇をみつけては、アクリル絵の具を取り出し…

塗っていました。
(あ、筆は書道用の小筆ですが)

実は。
これまで絵画を観るのは好きだったのですが
キャンバスに向かって絵を描くのは人生初です。

ちょっと塗りだした途端、
「ヤヴァイことに手を出しちゃったな…」
と猛省。

自分の描きたいものと実力の間に、
果てしない距離があることにすぐ気づきました。

でも描きたい気持ちも強いし、手も出しちゃったし、
続けるしかありません。

ところで絵画展などに出掛けると
タイトル「無題」という作品をときどき見掛けます。

描いておいて何で無題なのよ~?!と思っていたのですが、
自分で描いてわかりました。

作者は「描きたいものを描いた」それだけだったんだな、と。

私のこの絵も、ナニコレ?な雰囲気が漂っていると思いますが
この形に惹かれただけで…
この模様のような形を描いてみたかっただけなんです。

新宿御苑を散歩してた時、たまたまみつけた樹皮の模様。
この模様に異様なほど惹かれてしまったため、
このような状態に。

ただ、ご覧下さったみなさまの「?」が消えるよう
便宜上タイトルは「樹皮」とすることに。
私的にはタイトルはナシ「無題」のままです。

こんな話を書の野尻泰煌先生に伝えたところ、
師と親交のあったゴジラの作曲家でもある伊福部昭先生
「音楽というのは、心地よい旋律を繋げただけで、
ほんとうは曲名なんていうものはないんです。」
と、おっしゃっていたとのこと。

『題名のない音楽会』という番組のタイトルも
実はここから生じている…と教えていただきました。

ちょっと描いただけなのに、
早くもたくさんのことを学んでいます。

こんな機会でもなければ、
真面目に絵を描くチャンスは一生なかったかもしれず。
本当にありがたいことです。

ということでとりあえず、

ここで一旦筆を置き、19日(月)から展示いたします。

私の思うものに近づけるには、
あと5年くらいかかりそうですが
暇をみつけては展示終了後も描いていこうと思います。

会期中、私は下記のとおり会場にいる予定です。
11月19日(月) ~13:00
11月21日(水) 11:00~16:00
11月25日(日) 12:00~14:00

ちなみに
11月27日(火)~12月 2日(日)は泰永書展です。
こちらもあわせてよろしくお願いいたします。

ご興味のあるみなさま、ぜひいらしてくださいませ。

そしてお知らせ。
アートテラー・とに~さんのブログ
岡本太郎さんの手相を鑑定いたしました。
両手の広げ方が岡本太郎でした。(笑)

 

高天麗舟

 

しょうがないものはしょうがない。

自己責任についていろいろ言われている今日この頃。
障害者は自分で育てられないんだから
強制不妊手術を受けて当たり前…という意見もそう。

そういえば10年ほど前、「役に立たないコを産んで」と
赤の他人に言われたことがありました。(笑)

税金使って生きるいわゆる生産性のない人間は生きる価値なし
という考えなのでしょうが、
福祉サービス業等、
いろいろ出来ない人がいることで生まれるものもある訳で。

「人に迷惑を掛けてはいけない」
これを頑なに信じ、疑いなく守っているからこそ、
これから外れるものを悪とする価値観に行き着くのだろうと。

人なんて迷惑を掛けながらでないと結局は生きていけない…
と思うのですが。

いつか、乙武さんとお話しする機会があれば
聞いてみたいと思っていたことがありました。

10月31日、AM7:30の渋谷。
ハロウィーンでしたが、さすがに朝は何事もなく。
無事、『車輪の上』著者 乙武さんに会えました。

『障害者には優しい言葉を掛けるもの』という空気を
結果的にボクは壊したことになりました。(笑)

といったことを話されていて、
確かに手足ないけど障害者であることを忘れさせる人だなと
ミョ~に感心してしまいました。(笑)

「乙武さんは、いろいろな介助がないと現実として生活できないと思うのですが、人の手を借りることに罪悪感を感じたことはありますか?」

生まれながらにその身体だし、親に可愛がられていたようだから「ない」って答えるんだろうなぁ~と思いつつ、質問。

「ないよね~。だってしょうがないじゃない。
でもその分、自分にできることはやろうって!」

やっぱりそうよねぇ~、そこよねぇ~。
コレ、乙武さんみたいな有名人だからってことでなく
ウチの娘にしても私にしても言えること。

出来ない現実・人の手を借りることに罪悪感を感じないって
なかなか難しくて、
そこに罪を感じてしまうから人の手を借りないよう
皆、必死に歯を食いしばって生きてしまうと思うのですが、

頑張っても人の手を借りざるをえない、しょうがない!と
人の手を借りる自分を許すことができたら、
人にも厳しくなくなって
自己責任を強要する世の中でなくなるのかなぁ~と。

「しょうがない」
という言葉の威力を身をもって教えてくれた乙武さんでした。

 

高天麗舟

下心で好かれても…

今はすっかり出掛けることも減りましたが
昔飲み会などに参加していた頃、
ヘンな色気仕掛けで男性の気を引き満足するという…
そういうタイプの女性に何度か出会いました。

日頃からそこそこチヤホヤされているためでしょう、
彼女らはどんな男性にも自信を持って積極的に近づきます。
そして彼らのニヤけた顔が彼女らの存在意義に繋がるのか
隣の男性と太ももがくっつくほどピッタリ横に座る等、
さほど相手を選ぶことなく
自意識過剰なサービスを施していました。

もう私にとっては恰好の餌食…いや研究材料です。
「そもそも好きでもない人に下心で好かれて嬉しいか?」
素朴な疑問がよぎります。そして、

自分の人気?色気?のバロメーターとしているのか。
その評価で自己肯定感を埋めているのか。
安い色気をばら蒔いてまで
チヤホヤを得ようとする理由はどこにあるのか。
謎は続きます。

自問自答してみました。
例えばちょっと名の知れた書の展覧会で
私が何か賞を受賞したとしたら?
それで自分が満たされるかといえば…満たされません。
理由は、
それらの賞が本当の意味で実力を評価した信頼できる賞なのか
疑問が残るから。そこに価値を見出せないからです。

さらに
「本気の大金持ちになったら?」と妄想もしてみたのですが、
せいぜい家と車、旅行に使うくらいで、あとは
信頼できるところに寄付するしか思い浮かびません。
私には大金を大きく回す才能はないようで
妄想の上でも猫に小判でした。

目の前の対象が自分にとって本当に意義あるものなのか
素晴らしいものなのか、見極める眼でしょうか。

「なんか箔がつくから賞が欲しい~」
「お金持ちの方がカッコがつくから大金が欲しい~」
というのと同じで、
実態を見極められていないからむやみにチヤホヤを要し、
好きでもない人の下心でも歓迎してしまうだろうと
なんとなく合点がいきました。

もちろんそれだけではないでしょうが、
なんだかチープな欲求だなぁ~という感情が残りました。

 

高天麗舟

一般との接点

以前通っていた近所のスポーツジム(プール)に
9~10年ぶりに復活した私です。

当時一緒に泳いでいたジム友のMさん、
私より10歳ほどお姉さまですが、今も元気に泳いでいました。

この9~10年の間に私の状況はめまぐるしく変わり、
暑い中、更に熱いジャグジーに浸かりながら
Mさんに近況を掻い摘んで話しました。

するとMさん、
「ぇえ~?!てそう~?うらないしぃ~?あやしぃ~!」
と眉間にシワ。(笑)

思わず大笑いしてしまいましたが、一方では
「これが占い師に対する一般的な見方なんだろうな」
と冷静に聞いていました。

仕方ないです。テレビでは元芸人の占い師やら、
面白おかしく芸能人をペンペンと叩くナンチャラの母など(笑)、
そういう人しか見掛けないのですから。

話は変わりますが、先日、歌丸さんが亡くなってしまい、
(特に歌さんが回答者だった頃の)笑点大好きな私は
ショックを受けました。
寄席まで足を運ぶ時間はあまり取れませんでしたが、
それでも近所のホールに歌さんはじめ、
笑点メンバーが来る日は出向き、楽しませていただきました。

歌さんからはあまり笑点の裏話は聞かなかったのですが、
他はだいたい歌丸イジリの枕が一番盛り上がるという…
コレはコレでどうなのかなぁ~と思いつつ(笑)
でもそこから他の落語家さんにも興味を持つようになり、
ほんの少しですが、結果的に落語に対する間口は広がりました。

書でもテレビでよく見掛ける書道家は、
龍という字を龍のようにニョロニョロ書いたり、
一本調子ですべての線を書いていたり、
いろんな意味でコレは大丈夫なのか?と不安になります。
しかし、やはりこの場合も
コレが一般の人に興味を持ってもらうキッカケなのかな…
と残念ですけど、特に最近感じています。

落語も聴き手が育たないと落語家も育たないし、
書や占い…いや何事も、
努力なく楽しめるところから先へ進まないと
本当の面白さや素晴らしさには出会えないのだろうと

Mさんの反応を受けて真面目に考えてしまいました。

 

高天麗舟

たわいもない話

高天麗舟 Reishu Takama
という仕事用フェイスブックページを管理している私です。

わざわざ仕事用のページを作らなくても
フェイスブックのアカウントだけでいいじゃないか
と自分でも思うことはあるですが、

自分のアカウントには子供の写真も時々載せているため
友達申請を受けられないこともあり、
仕事用のページをつくりました。

まったく無名の私ですが、優しい友人やお客様が
「いいね!」を押してくださいまして、
日々いろいろと支えられている状況です。
みなさま、本当にありがとうございます。

しかし、仕事用のページであるのにもかかわらず
「いいね」をもらうための根回しや努力というのはしておらず、
(書と鑑定はしっかりやってます)

実は、
商売っ気ない状態のまま、「いいね」の数がどう変化するのか?
非常に興味ありまして、そこを見ているのが楽しい…
というのが正直なところなんです。

時々減りますが、(笑)
そこも含めて興味深いです。
(もちろん増えた方が嬉しいです。)

この「いいね」の数、
ココ数ヶ月の間、増えたり減ったりしながら
結果的にずーっと61という数字をキープしていたのですが
「どうせなら66って数字がいいな」と密かに思っていたんです。

そしたら少し前のある日、どういうわけか
ペルー、アルゼンチン、カンボジア、たぶん中国、そして日本
というバラバラの国の方々が同じ日に「いいね」してくださり
61⇒66に一気にジャンプアップし(笑)、
「あれ?本当に66になったじゃん!」と非常に驚かされました。

私の鑑定を受けたわけでもないでしょうし、
私のInstagramを見てくださったのかもわからないのですが、
もし、どこかで私のfacebookページを紹介してくださった方が
いらっしゃるのでしたら、とにかく御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

なんですが。
5か国から同時多発的に「いいね」されてビックリした私は
「こんなのありえないって!どうせすぐ誰か取り消すんだろう」
と疑ったんです。

そしたらその翌日あたりに65になりまして。(笑)
「ほ~ら、やっぱり」と思ったのも束の間、
「あれ?もしかしたら私が疑ったからその通りになったのか?」
と再び “まさか” の現象。

「あ~、せっかくだから、
有り難く頂戴しておけばよかった、私…」
と悔やむこと一日。

するとその三日後。
また66に戻っていました。

願えば叶うとか思えば叶うとかありますが
(こんな規模の小さい話じゃないだろうけど。笑)
本当にそれを見せつけられたのような出来事でした。

なんかよくわからないんですけど
とにかく不思議で有り難い出来事でした。

自分の希望を自分で打ち消しちゃ~イカンですね。
希望を持って望みを持つって大事なんだなぁ~と思いました。

フォロワー数万という人にとってはゴミのような話ですが(笑)
それでもこういうのって面白いです。

 

高天麗舟

人間関係も自然淘汰

みずからの運を上げる方法として
「運の良い人とつきあう」
というのがあります。

九死に一生を得た経験のある人、最近宝くじが当たった人、
出世してる人、事業が成功している人…

いろいろな「運が良い」がありますが、
そもそも、何をもって「運が良い」とみなすのか?
その判断基準にその人の運がすでに表れているものです。

財産や名誉など目に見えるものばかりに気を取られる、
結果ばかりに目が向き過程を無視する、
なんて人は運が良くなるセンスなし。(笑)

素直に「人」をみる目がなければそれまでです。

波動か何なのかはわかりませんが、
実際、運の良い人の周りには運の良い人しかいられなくて

「運の良い人の心根」を理解できない人が
運の良い人たちと行動を共にしても

トントンと進む運(運び)の良さに
「こんなに上手くいくなんて、なんかアヤシイ…」
「こんな負荷がない状況って、逆に不安…」
などと、持たなくてもいい疑問を持ち
この運の良さに適応することができません。

そして結局、
居心地悪くなってみずから去っていくのです。

しかし、自分の身の丈を自覚して、
素直に人をみて付き合っていく人は違います。
やっぱり運は上がります。

運を上げるにも「人をみる確かな目」が必要で
まずは自分で人の心根を感じる素直さを養うことが
大切になってくるのでしょう。

 

高天麗舟