「読書」カテゴリーアーカイブ

しょうがないものはしょうがない。

自己責任についていろいろ言われている今日この頃。
障害者は自分で育てられないんだから
強制不妊手術を受けて当たり前…という意見もそう。

そういえば10年ほど前、「役に立たないコを産んで」と
赤の他人に言われたことがありました。(笑)

税金使って生きるいわゆる生産性のない人間は生きる価値なし
という考えなのでしょうが、
福祉サービス業等、
いろいろ出来ない人がいることで生まれるものもある訳で。

「人に迷惑を掛けてはいけない」
これを頑なに信じ、疑いなく守っているからこそ、
これから外れるものを悪とする価値観に行き着くのだろうと。

人なんて迷惑を掛けながらでないと結局は生きていけない…
と思うのですが。

いつか、乙武さんとお話しする機会があれば
聞いてみたいと思っていたことがありました。

10月31日、AM7:30の渋谷。
ハロウィーンでしたが、さすがに朝は何事もなく。
無事、『車輪の上』著者 乙武さんに会えました。

『障害者には優しい言葉を掛けるもの』という空気を
結果的にボクは壊したことになりました。(笑)

といったことを話されていて、
確かに手足ないけど障害者であることを忘れさせる人だなと
ミョ~に感心してしまいました。(笑)

「乙武さんは、いろいろな介助がないと現実として生活できないと思うのですが、人の手を借りることに罪悪感を感じたことはありますか?」

生まれながらにその身体だし、親に可愛がられていたようだから「ない」って答えるんだろうなぁ~と思いつつ、質問。

「ないよね~。だってしょうがないじゃない。
でもその分、自分にできることはやろうって!」

やっぱりそうよねぇ~、そこよねぇ~。
コレ、乙武さんみたいな有名人だからってことでなく
ウチの娘にしても私にしても言えること。

出来ない現実・人の手を借りることに罪悪感を感じないって
なかなか難しくて、
そこに罪を感じてしまうから人の手を借りないよう
皆、必死に歯を食いしばって生きてしまうと思うのですが、

頑張っても人の手を借りざるをえない、しょうがない!と
人の手を借りる自分を許すことができたら、
人にも厳しくなくなって
自己責任を強要する世の中でなくなるのかなぁ~と。

「しょうがない」
という言葉の威力を身をもって教えてくれた乙武さんでした。

 

高天麗舟

芸術の鑑賞には…

土曜日、アートテラー・とに~さんのアートツアーに参加しました。

ギャラリーを3ヶ所巡るツアーだったのですが、
その中のひとつが、銀座 永井画廊でした。
そう、こちらは『開運!なんでも鑑定団』の鑑定士でもお馴染みの
永井龍之介さんのギャラリーです。

永井画廊では、現在
アールブリュットの巨匠ハンス・クルージー展が開催されており、
それが観たくて今回参加したのでありました。

アールブリュットとかアウトサイダーアートというと、
障害者による芸術なのかと思っていたのですが、
永井先生の解説のおかげで、初めて、実は
「障害とは関係なく【芸術教育を受けていない人】による芸術」
なんだと知りました。

ハンス・クルージーという画家は、
日本では大阪で一度、永井画廊が二度目の紹介だそうで
まだ日本では名前の知られていない作家です。

永井先生はギャラリストなので、
ギャラリストとしての視点で今回紹介されていたとは思うのですが
売れ行きが安定した作家でなく、
永井先生の目と感性に沿った作家を自信を持って薦めている姿勢に
とても心を打たれました。

芸術作品を買うのにはもちろん、ただ美術館で鑑賞するのにも
観る側の感性を磨いておくのはとても大切な事だと改めて思いました。

今、麗子像でおなじみの
岸田劉生さんの「内なる美」という本を読んでいるのですが、

美が卑近なら素人解りがするのだけれど
反対に卑近なるものを美にして表したのは
素人にはむずかしすぎるのである。

という一文に、大きく頷いてしまいました。

例えば書なんて文字ですし、
それを美的に鑑賞しようというのは考えてみれば難しい話です。

身近なものから美を見出す感性を磨いていないから
借金の代わりに偽物をつかまされたりするんでしょうね。(笑)
(なんでも鑑定団で有りがちなケースw)

引き続き赤裸々に生き、
好き嫌いを越えた感性を磨いていきたいと思います。

以下、ハンス・クルージー展より

そして最後に、とに~さんの心優しい計らいにより
永井先生の手相を拝見する機会に恵まれました。

なんでも鑑定団に初めて出演された年齢のところに、
人生のターニングポイントのサインが大きく出ていたのが
とても印象的でした。

ハンス・クルージー展は、9月30日までです。

高天麗舟

閾値と交感神経と…

最近、心臓外科医の「南和友」さんの書かれた本をザックリですが
3冊ほど読みました。

人は感動するたびに健康になる

↑ この他に「蘇活力」という本を2冊です。

占いの鑑定を通して、いろんな方の人生を伺うのですが、
よく今日まで生きてくれていたなぁ~という話も少なくありません。

自分の経験談を話す時には、今でも思い出してウルウルくることもある私ですが、しかし、お話を伺うたびに占い師が同情や感動で泣いていたのでは、相談者の方が引いてしまうな…と思っています。

手相の西谷泰人先生が、「占い師は結婚して離婚して…くらい、いろんな経験を積んだ方がいい」とおっしゃっていたのですが、これらの本を読んで、その医学的理由がわかりました。

多くの人はある程度の年齢になると、
育児や仕事やらを通して、ドッシリとしてくるものなのですが、
いわゆるイイ年になっても(笑)、よく泣いたり怒ったりする人がいます。

私も娘や夫のおかげで様々な経験を積んだせいか、そういう方を見掛けると「ご苦労さんだなぁ~」と、ある意味感心してしまいます。

蘇活力」によると、

よく泣いたり怒ったりする人は「感受性が高い」と誤解されがちですが、自立神経の閾値が低いのです。ちょっとしたことで交感神経が働き、それに副交感神経が付いてきて涙が出ます。

「キレる」という言い方をしますが、それは交感神経の閾値が非常に低いため、興奮して感情を爆発させてしまうのです。

だそうで、要するに「自律神経が鍛えられていない」のだそうです。

交感神経の閾値が低いとちょっとしたことでもアドレナリンが過剰に出て、それを和らげようと暴飲暴食などの不摂生によって、副交感神経を刺激しようとするんだそうです。

そんな風に身体を痛めつけなくても、美しいものや美味しいものに感動することで、副交感神経を刺激する機会は得られるんだそうですよ。

「結婚して、離婚して…」という西谷先生の言葉は、
これまでは、漠然と「経験値の高い占い師の方が鑑定に深みが出る」ということで捉えていたのですが、こういった経験を積むことで自律神経が鍛えられ、安定した鑑定に臨める、ということでもあったんですね。

また、このような一文もありました。

自分の専門とする領域しか知らないのは、きつい言葉を使えば
〝専門バカ〟で、人間らしい生き方とは思えません。

レオナルド・ダ・ビンチ も ミケランジェロも、
いろんな分野で活動していたからこそ、相乗効果ですべてのジャンルがあのレベルになったのもあるんでしょうね。

いや~、本当に書をやっていてよかった。(笑)

医者もそうでしょうが、占い師も技術だけではどうにもなりません。
人を導くためには、知識でなく身になった教養がものをいいます。
(地道にがんばります。)

そうそう、「感動」ですから、美術館に行ったら美術評論家みたいな鑑賞ではなく、心で感じることが大切です。

んぁぁぁ~~~、そうだっ!!

オススメの展覧会がございます♪(笑)
私が所属しております、書家・野尻泰煌が主宰する会の社中展です。

第27回 泰永書展

日伊修好150周年記念国際交流芸術展

  • 期間:2016/9/19(月・祝)~22(木・祝)4日間
  • 時間:11時~17時(初日のみ12時から)
  • 場所:東京芸術劇場 アトリエイースト
  • 入場無料

泰永書会27

そうなんです、
今年はイタリア・フィレンツェとの交流展で、書の展示だけではなく、
イタリア芸術家の彫刻や絵画などの作品も展示されます。

一般の書道会がこんな国際レベルの展覧会を行うことは、
非常に珍しいことです。

ぜひ、この機会に足を運んで、閾値を高めてくださいね♪

私も11時~16時ごろまでは、毎日会場にいる予定です。
よろしくお願いいたします。

高天麗舟

読書の夏。

活字が苦手(マンガもダメ。でも「じみへん」は好き。笑)な私ですが、
ハマっていたときは、月10冊くらいのペースで本を読んでいました。

ここ数年は占いの本が多かったため、読書という雰囲気ではなかったのですが、この夏、ひさしぶりに読書にハマっています。

キッカケはお友達と汐留の本屋で待ち合わせした時、
平積みされていた老子にちなんだ本を見掛けたことから。

著者とタイトルを暗記して、図書館で検索…(買えよ。笑)

しかし途中、「貞観政要」という、えーっと確か、帝王学だっけ?くらいの知識しかない本がヒットし、じゃ、そっちを借りよう♪となりまして。

もうね、それが面白いのなんのって!!

もともと大企業の社長が書いた本など読むのが好きだったのもあって、
内容にもすぐにのめり込めたのですが、それだけでなく登場人物に
「褚遂良(ちょすいりょう)」などという、
書家として知っていた名前が出てきたから、さぁ大変!
「ぁあ~~~!!この人、知ってるぅ~~~!!」という騒ぎ。(笑)

くだらないですけど、いいんですよ。
活字嫌いが本を読み進めていけているんですから。

その本を皮切りに、
昔の中国(ザックリな表現)の思想の本や、やっぱり易経に進み、
今、パソコンの横にあるのが「エロスと精気」という真面目なセックス本。

51P9X900NAL

これはこれから読むお楽しみな本なのですが、
ちょっと読んだところによると…

道教の性の達人は、
何度セックスをしても精液を漏らさないんですってYO!!

男性のみなさん、特におじさんっ!
無駄に射精しない方が健康のためにはいいんですってYO!!

セックス=射精

なんて、赤ちゃんクサい考えじゃ、
本当のセックスを知ることはできないそうよ♪

みんな、がんばってね。(笑)

 

高天麗舟

「主人公」を大切にする

映画やドラマで「主人公」という言葉を聞いて知ってはいましたが、

今朝、「禅語入門」(久須本文雄著)という本を読んでいて、

これが「禅」から出た言葉だと始めて知りました。

師彦(しげん)という和尚の逸話だそうですが、

師彦は、毎日岩の上で座禅して、

大声で「主人公」と呼び、自分で返事をしていたそうです。

「目をさましているか?」、「はい!」

「人に騙されるなよ!」、「はい!」

そう自問自答して、それを日課のように繰り返していたとのこと。

「主人公」とは「自己の主」であり、

「真実の自己」「本来の自己」のことなのだそうです。

自問自答した経験のある方は多いかと思いますが、

やはり、我々人間には、二人の自己が存在しているようで、

その一人が「感性的自己」、

そして、もう一人が「霊性的自己」なのだそうです。

感性的自己は、

喜怒哀楽の感情と、個人的・社会的欲望を抱いている日常的な自己。

霊性的自己は、

日常的な自己の奥にいる純粋で本質的な自己。「主人公」です。

またなんと!霊性的な自己によって、

日常的な自己が価値づけられ、意義づけられているのだそうですよ!

…ずいぶん「主人公」をないがしろにしているなぁ、私。

雑多なことに時間を追われ、さまざまな感情や欲望で

大切な「主人公」を覆ってしまっている。

確かに、たまにゆっくりできる時間があると、

私、こんなに穏やかな人間だったのかぁ~

と、自分に驚くことさえあります。

雑多なことに振り回されない自分でありたい。

思わずそう思ってしまいました。が、しかし。

これも欲望ですね。

振り回されても、「たまには振り回されることもあるさ♪」と

振り回された自分を責めない。

そうやって、感性的自己を開放することによって

覆われていた霊性的自己「主人公」が表れるのかもしれません。

自分の中に「主人公」がいることを忘れないように、

時々は私も「主人公」に話しかけてみたいと思います。

もちろん、心の中で。(笑)

 

高天麗舟