運命線に合流する線

5年ほど前でしょうか、ある青年の手相を観ました。

大きな体格ですが、非常にシャイな方で
優しい人柄がてのひらから滲み出ており、
私の問い掛けに小さく頷き、言葉少なに答えてくれたのが
とても印象的でした。

当時、学生相撲でかなりの成績をおさめていたそうで
いろんな部屋からスカウトを受けているものの、
一体どこがいいのか、迷っている…とのことでした。

「複数の中から一つ選ぶ」のに適した占術は、
易やタロットなど卜占(ぼくせん)と呼ばれるものが得意なのですが
手相イベントだったので、その青年の年齢から近い流年の部分に
何か良いサインはないか?と確認してみました。

すると、青年の年齢の翌年を示す部分に…

上図のように、
運命線(黒)に流れ込む線(黄色)がハッキリと刻まれていました。
(※親指側からでなく小指側から合流してくるのがポイント)

これは影響線というもので、
良い縁や出会いがあることを表しており、その影響により
その後の仕事や人生が発展していく…となります。

意外とよく見掛けるのは、中年男性のてのひらで、
その昔、素敵な女性と恋愛・結婚したことが見てとれます。

恋愛の出会いもそうですが、しかし恋愛に関係なく
人生の師となる人との出会いや
「あの時あの人と出会わなければ今の自分はなかった…」など
人生に良い影響を与えてくれる人との出会いの意味も強いです。

どの部屋が良いと具体的に言うことはできないけど、
とにかく良い親方のところへ行けるから、安心して大丈夫です。

と伝えました。

あれから時々思い出してはいたものの、
名前もわからず、どうなったのか調べようもなく
気になったまま数年が過ぎていきました。

そして今年。
いつものように何気なくSNSをみていたら、
偶然、その青年と思われる記事を見掛けまして
無事に力士になれていたことがわかりました。

良い部屋・親方の元に入れたのか
具体的なことはわかりませんが、
しみじみ「よかったなぁ~」と嬉しくなりました。

土俵の上では優しくなり過ぎないよう、
陰ながら応援しています!!

高天麗舟

 

ようやく立春

先月、娘が2歳の頃知り合った母友から方位の相談を受け、
朝から鑑定をしていました。
細かい字の万年暦を見ていたところ、その母友に
「すっかり占い師だねぇ~」
と感慨深そうに言われました。そして
「リコママ(私)は、いーっつも勉強していたよねぇ~」
と懐かしそうにも話してくれました。

本当にうれしかったです。

確かに娘が赤ちゃんの頃から常に何かしら勉強していました。
建築士なので建築関連の勉強をしていたのですが、
そこから風水に移り、そして占いの勉強が始まりました。

社会復帰するつもりでいたのもそうですが
何か勉強していないと、たちまちバカになるんじゃないか?
という恐れもあって勉強していました。

そして同じく先月、娘が持ち帰ってきた「学校だより」に
こんな一文がありました。
ノーベル賞を受賞した小柴昌俊先生は、「人生は卒業後に自分からどれだけ能動的に働きかけたかで決まる。」と言われました。
と。

本当に今、しみじみそれを感じています。

戊戌の昨年は、手相講座も開き、アウトプットできました。
己亥の今年は、様々なことを勉強して吸収していく予定です。

そしていよいよ!
部屋が片付き(苦笑)、書の教室「麗舟会」を始めます。
(HPにはこれから書きます。)


グリーンのイスは私の席。
その正面に座って書いていただきます。

相変わらず、募集要項はコレといってないのですが、
これまでに私の鑑定を受けられた方か
イベントに参加してくださった方で
まずは大人の女性を対象に始めていきます。
マンツーマンです♪

書の指導も過去に経験がないもので、
どうなるのか手探りになってしまいますが
それでも構わないわよ♪という方、お待ちしております!

稽古:月に1度 1時間程度(日時:その都度相談)
月謝:5,000円
場所:さいたま市(最寄駅より徒歩12分)

もしご興味ある方がいらっしゃったら
reishu.takama@gmail.com

こちらまでお問合せください。

立春なのでお雛様飾りました~。

高天麗舟

 

その人の内面が方位に表れる

年末年始、GW、夏休みなど、よくテレビで「空の便は…」と
これから海外に行く人にインタビューする映像が流れます。

これは職業病というか悪趣味になるのかもしれませんが、
「う~ん、五黄殺に行くのか…」「この人は暗剣殺か…」などと
複雑に思いながらテレビに近づき、
画面を通してその人の雰囲気を観察してしまいます。

私個人が感じている、
方位学を知らない人が無意識のうちに移動する方位ですが
・凶方位に行く人:60~70%
・可もなく不可もなく:20~30%
・吉方位:10%(…もいないかもしれません。)
くらいの印象です。

多くの例を通して感じていることですが、
無意識のうちに選ぶ方位や、行きたい・気になる方位、
流れで行くことになってしまった方位、
我を通して行ってしまう方位等には、どういうわけか
その人の現在の運や精神的な課題が映し出されているもので、

運のいい人は無意識のうちに吉方位に移動しますが、
悩みが尽きない人は、より悩みを引き寄せるような方位を
運が傾いてきている人は、より運が傾く方位を
恋愛・肉体関係を求めている人は、それを引き込みやすい方位を
不思議と選んだり、その方位に魅力を感じたりするのです。

「移動先の土地の気を受ける」のが方位学ですが、
それ以前に、そもそも
「その人の運や内面に見合った方位に引き寄せられる」
ということを強く感じています。

それは「その人に沿ったものの中でしか動けない」という
厳しい現実を見せられているようにも感じます。

これを断ち切るひとつの方法に吉方位の活用がありますが、
それより無意識のうちに、せめて普通方位を選べるよう
日頃から運をあげておくことも大切かなと思います。

運を上げるというと
急に開けるようなイメージを抱くかもしれませんが
そうではなく、

他人から見た自分を演出するために動くことや
人のためと言いながら自分の欲求を満足させることなどせず、
何があっても腐らず、
今できること・しなければならないことに集中していく
地道な努力を積み重ねることでしょうか。

やはり損得だけで対応したり、
個人的な小さな思惑の中で動いていては
運は味方してくれません。

内面に凶方位を引き寄せる要素がなくなれば
自動的に運も上向いていくと思います。

 

高天麗舟