感情線と表出

手相の基本3大線、感情線・知能線・生命線。
(下図:中指に向かう縦線は運命線)

指に近いてのひら上部に位置する感情線は、
主に心の奥にある感情や性質を表しています。
線の長さやカーブの角度にその人そのものが表れ、
恋愛の傾向もこの線をみるとだいたい判断できます。

てのひらの真ん中を横に走る知能線は、
主に思考傾向・特性・集中力・主体性を表しています。
分岐していても複数あっても
基本的に適度に深くスッキリ入っていれば吉相です。
アインシュタインなどは無数に枝分かれしています。

親指の付け根をグルッとまわる生命線は、
主に気力・体力・活力を表しています。
困難にあっても生命線がしっかり刻まれていれば
持ち前のバイタリティーで何とか乗り越えることができます。

以上が基本三大線の大まかな説明となりますが、
多くの手相家は生命線・知能線を重要視する傾向にあり、
手相本でも感情線についてはサラッと載ったものが多いです。

しかし。特に最近感じていることですが、
いくら立派な生命線であっても、感情線が不安定であれば
せっかくのバイタリティーが例えば粗暴となってしまったり、
深く考えるタイプの知能線であっても、感情線が不安定であれば
考えが堂々巡りになってしまったりする恐れがあるわけです。

どう表出するか?を示すのが感情線であり、
他人との関わりを示すのも感情線なのです。

平成最後の日、Yahooニュースをみていたら
こんなハッキリとした写真が載っていました。

この感情線を拝見するだけで頭が下がります。
感情線の位置が非常に低く(指から遠い)、直線的で強いです。

どんな時でも感情に流されることなく、冷静に、
そして客観的に状況と自分をみつめる強さが表れています。

象徴というお立場を模索されてこられたとのことですが、
個を消してお立場に徹してこられたことが
この感情線から伝わりました。

私では想像つかないようなご苦労もされてこられたと思いますが
その度に静かに捉えて慎みを崩さず対応されてきたのだろうと
(勝手な想像ですが) 何とも言えない気持ちがこみ上げてきます。

最近、天皇・皇后両陛下の特集番組ばかり見ておりまして、
その度に心の底から「日本人でよかった…」と感じています。

明日からの令和も戦争のない良い時代でありますように。

 

高天麗舟

 

縁も関わり方次第

日曜日は、アートテラー・とに~さんとのイベント
「仏像手相鑑定ツアー」の講師ということで
東京国立博物館で開催されている東寺展へ行ってきました。

限られた時間でしたが、たくさんの方とお話しができ、
また様々なタイプの手相を拝見することができ、
とても充実した一日を送ることができました。
参加してくださった15名のみなさま、ありがとうございました!
そしてとに~さん、今回も大変お世話になりました!

こういうイベントでの出会いもそうですが
日常生活を送る中で、人というのは
知らないうちに多くの人と出会っているものです。

深い縁になっていく人もいれば、ただの知人で終わる人、
また、親しかったけど離れていく人というのもありますね。

気が合う・合わないはありますが、最近感じているのは
縁を深められるかどうかは、こちらの関わり方次第
ということです。

特に、仕事以外の関係や利益を伴わない関係においては露骨で
その人の本質が垣間見えてしまうものです。

せっかく良い人と出会ったとしても、相手に対して
雑な対応をしてしまえば相手は離れていくでしょうし、
反対に真心がこもっていれば、
そこから関係が深まっていく可能性が高まります。
一瞬・長期間にかかわらず、です。

こう考えると、人というのは
無意識のうちに人間関係をふるいにかけているものなんですね…

…私は精一杯に人と関われているであろうか??
気をつけなくちゃ。

■アートテラー・とに~さんのブログ、

というシリーズに載せていただきました。
「本日のお客様:三代目大谷鬼次」です。

 

高天麗舟