人間関係も自然淘汰


みずからの運を上げる方法として
「運の良い人とつきあう」
というのがあります。

九死に一生を得た経験のある人、最近宝くじが当たった人、
出世してる人、事業が成功している人…

いろいろな「運が良い」がありますが、
そもそも、何をもって「運が良い」とみなすのか?
その判断基準にその人の運がすでに表れているものです。

財産や名誉など目に見えるものばかりに気を取られる、
結果ばかりに目が向き過程を無視する、
なんて人は運が良くなるセンスなし。(笑)

素直に「人」をみる目がなければそれまでです。

波動か何なのかはわかりませんが、
実際、運の良い人の周りには運の良い人しかいられなくて

「運の良い人の心根」を理解できない人が
運の良い人たちと行動を共にしても

トントンと進む運(運び)の良さに
「こんなに上手くいくなんて、なんかアヤシイ…」
「こんな負荷がない状況って、逆に不安…」
などと、持たなくてもいい疑問を持ち
この運の良さに適応することができません。

そして結局、
居心地悪くなってみずから去っていくのです。

しかし、自分の身の丈を自覚して、
素直に人をみて付き合っていく人は違います。
やっぱり運は上がります。

運を上げるにも「人をみる確かな目」が必要で
まずは自分で人の心根を感じる素直さを養うことが
大切になってくるのでしょう。

 

高天麗舟