しょうがないものはしょうがない。


自己責任についていろいろ言われている今日この頃。
障害者は自分で育てられないんだから
強制不妊手術を受けて当たり前…という意見もそう。

そういえば10年ほど前、「役に立たないコを産んで」と
赤の他人に言われたことがありました。(笑)

税金使って生きるいわゆる生産性のない人間は生きる価値なし
という考えなのでしょうが、
福祉サービス業等、
いろいろ出来ない人がいることで生まれるものもある訳で。

「人に迷惑を掛けてはいけない」
これを頑なに信じ、疑いなく守っているからこそ、
これから外れるものを悪とする価値観に行き着くのだろうと。

人なんて迷惑を掛けながらでないと結局は生きていけない…
と思うのですが。

いつか、乙武さんとお話しする機会があれば
聞いてみたいと思っていたことがありました。

10月31日、AM7:30の渋谷。
ハロウィーンでしたが、さすがに朝は何事もなく。
無事、『車輪の上』著者 乙武さんに会えました。

『障害者には優しい言葉を掛けるもの』という空気を
結果的にボクは壊したことになりました。(笑)

といったことを話されていて、
確かに手足ないけど障害者であることを忘れさせる人だなと
ミョ~に感心してしまいました。(笑)

「乙武さんは、いろいろな介助がないと現実として生活できないと思うのですが、人の手を借りることに罪悪感を感じたことはありますか?」

生まれながらにその身体だし、親に可愛がられていたようだから「ない」って答えるんだろうなぁ~と思いつつ、質問。

「ないよね~。だってしょうがないじゃない。
でもその分、自分にできることはやろうって!」

やっぱりそうよねぇ~、そこよねぇ~。
コレ、乙武さんみたいな有名人だからってことでなく
ウチの娘にしても私にしても言えること。

出来ない現実・人の手を借りることに罪悪感を感じないって
なかなか難しくて、
そこに罪を感じてしまうから人の手を借りないよう
皆、必死に歯を食いしばって生きてしまうと思うのですが、

頑張っても人の手を借りざるをえない、しょうがない!と
人の手を借りる自分を許すことができたら、
人にも厳しくなくなって
自己責任を強要する世の中でなくなるのかなぁ~と。

「しょうがない」
という言葉の威力を身をもって教えてくれた乙武さんでした。

 

高天麗舟