「無題」というタイトル


先日もお知らせいたしました、

11月19日~11月25日/東京芸術劇場アトリエイースト
第二回 藝文東京ビエンナーレ
詳しくはコチラから↓
https://geimon.jimdo.com/

に出品する作品を10月から描いておりました。
正確には、3月には鉛筆で下図までにはなっていたのですが。

まずは第一回目の手相講座が終わってからでないと
気持ちが落ち着かないので
10月に入ってから色を塗り始めました。

暇をみつけては、アクリル絵の具を取り出し…

塗っていました。
(あ、筆は書道用の小筆ですが)

実は。
これまで絵画を観るのは好きだったのですが
キャンバスに向かって絵を描くのは人生初です。

ちょっと塗りだした途端、
「ヤヴァイことに手を出しちゃったな…」
と猛省。

自分の描きたいものと実力の間に、
果てしない距離があることにすぐ気づきました。

でも描きたい気持ちも強いし、手も出しちゃったし、
続けるしかありません。

ところで絵画展などに出掛けると
タイトル「無題」という作品をときどき見掛けます。

描いておいて何で無題なのよ~?!と思っていたのですが、
自分で描いてわかりました。

作者は「描きたいものを描いた」それだけだったんだな、と。

私のこの絵も、ナニコレ?な雰囲気が漂っていると思いますが
この形に惹かれただけで…
この模様のような形を描いてみたかっただけなんです。

新宿御苑を散歩してた時、たまたまみつけた樹皮の模様。
この模様に異様なほど惹かれてしまったため、
このような状態に。

ただ、ご覧下さったみなさまの「?」が消えるよう
便宜上タイトルは「樹皮」とすることに。
私的にはタイトルはナシ「無題」のままです。

こんな話を書の野尻泰煌先生に伝えたところ、
師と親交のあったゴジラの作曲家でもある伊福部昭先生
「音楽というのは、心地よい旋律を繋げただけで、
ほんとうは曲名なんていうものはないんです。」
と、おっしゃっていたとのこと。

『題名のない音楽会』という番組のタイトルも
実はここから生じている…と教えていただきました。

ちょっと描いただけなのに、
早くもたくさんのことを学んでいます。

こんな機会でもなければ、
真面目に絵を描くチャンスは一生なかったかもしれず。
本当にありがたいことです。

ということでとりあえず、

ここで一旦筆を置き、19日(月)から展示いたします。

私の思うものに近づけるには、
あと5年くらいかかりそうですが
暇をみつけては展示終了後も描いていこうと思います。

会期中、私は下記のとおり会場にいる予定です。
11月19日(月) ~13:00
11月21日(水) 11:00~16:00
11月25日(日) 12:00~14:00

ちなみに
11月27日(火)~12月 2日(日)は泰永書展です。
こちらもあわせてよろしくお願いいたします。

ご興味のあるみなさま、ぜひいらしてくださいませ。

そしてお知らせ。
アートテラー・とに~さんのブログ
岡本太郎さんの手相を鑑定いたしました。
両手の広げ方が岡本太郎でした。(笑)

 

高天麗舟