芸術、その感動の源泉


5/15よりオーストリア・サンクトポルテン市立博物館で
私が所属している書団「泰永会」の展覧会が開催されるため
5/11に成田を発ち、そのレセプションに参加をしつつ
泰永会と交流のある3ヶ国(ハンガリー・オーストリア・チェコ)を巡ってきました。

年盤・月盤ともに西に一白水星が回座していたこともあり(苦笑)、
一緒に旅をした全員にハプニングが起こる旅だったわけですが
…ブログは、しばらくこの時の話になりそうです…

そんな旅の中でも最も印象に残ったのが
チェコ・プラハの教会で聞いた弦楽四重奏でした。

本当はウィーンでオーケストラを聴きたかったのですが
残念ながらスケジュールが合わず、プラハで探しました。

しかし、プラハでも当日オーケストラを聴くのは難しく
結局この弦楽四重奏に落ち着きました。


ビゼー/カルメン、スメタナ/モルダウ
ドヴォルザーク/ユーモレスク、ビバルディ/四季

そんなわけで、実は少し残念に感じていたのですが、
チェコでチェコの作曲家スメタナ、
しかも、会場すぐそばを流れる川「モルダウ」も聴けるし
楽しみにもしていました。


モルダウ[ヴルタヴァ] (photo by 私)

実際の演奏は、手持ちのCD(フルトヴェングラー指揮モルダウ)に
耳が慣れていたせいか、だいぶ速く軽く感じましたが、
四季はさすがに終わったあと感激のあまり動けなくなりました。

音楽ド素人ですが、間とか強弱とか
それぞれの音が何もかも全く狂うことなく重なる感じとか
もうどうにもならないくらいに満たされました。

芸術って本当にすごい力を持っているんだなぁ~と
しばらくポーッと…することしかできなかったです。

そしてホテルに戻る帰り道、考えました。
映画のようにストーリーがあるワケでもないし、
芸術の感動の起こり・源泉ってどこなのだろうか?と。

演奏する姿や教会の雰囲気など視覚的な影響もありますが、
とにかく音楽に感激したことを考えると
やはりエネルギーや訴えてくる圧になるでしょうか。

どうしてこんなことを考えたのかというと
同じ芸術であれば、
音楽で味わったこの感激を書にも置き換えられるのではないか?と、ふと考えまして。

芸術と一言でまとめても
目の前で見て聴く音楽と、書き上がった書作品とで
エネルギーの質を同じくすることは難しいかもしれませんが、
今回の演奏から受けたエネルギーの「高み」であれば
書にも共通する要素として置き換えられるな…と、
そんな結論に至りました。

やはり、芸術の感動の源泉というのは「高み」のようです。

ということで
この、エネルギーの高みが自分の作品から溢れ出るくらいにまで
そこを目指して書いていけばいいのね、と
今、独りで盛り上がって、独りでスッキリしました。(笑)


音楽を聴き終え、満足した私。(photo by Tenco)

高天麗舟


「芸術、その感動の源泉」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。