一白水星の旅、紛失騒動(2)


さて、紛失したのは私だけではありません。

成田空港に向かう途中で帽子をなくした者、
その後、飛行機の中で名刺入れを落としていた者、
ブタペストの空港では、なんとパスポートをなくした者がっ!
(これには凍りつきましたが、飛行機の中で落としたようで
現地の係りの方がパスポートの写真を手がかりに
10分後くらいに届けてくださいました。)

ホテルに着いてもパソコンのキーボードをなくした者、
翌日以降も美術館の荷物の引換チケットをなくした者、
そして都市を超えてスマホをなくした者…
そうそう私は、娘のお土産をなくしました。
シメは成田行きの飛行機チケット紛失でしょうか。

まだ何かあったような気がしますが、
とにかく全員が一度は何かを紛失したという旅。
メンバーの中にはウッカリ者だけでなく
シッカリ者もいるのにご覧のアリサマ…まさに陥入。
(=一白水星の方位のこと)

とはいっても
「一白水星の方位=陥入=避けた方が良い方位」
というのは早計かな、と実感しています。

紛失騒動自体は確かに大変でしたが
どのケースも、ほとんどはすぐにみつかり、
みつからない物の場合は、なくてもさほど影響のない物でした。
帰りの飛行機チケットなんて
良い席を用意してもらえて、かえって快適だったそうです。

旅行中に夫と娘が大変で苦悩したことも
実際問題としてかなりのストレスでしたが、
今は出発前より二人とも体調良いですし、

何より、今回の目的である式典は大盛況でしたし、
会としても帰国後の方が勢いを増しています。
(8/3~8/6、東京芸術劇場5階、展示ギャラリーにて
第三十回記念 泰永書展 開催します)

いろいろあったものの、とにかく楽しい旅でした。

今回の一白水星の旅でより理解できたことは、
裏側に隠されている問題・内面(目を背けている自分)など
潜在的な問題が深いほど、実際の問題として顕在化しやすい、
ということです。

顕在化というのは、紛失の度合いとしてもそうですが、
自分でも意識していなかった潜在的な問題に気づかされたり、
その問題と向き合うキッカケに出くわしたり、
ということです。

トラウマにも通じるのかもしれませんが、
隠された自分に気づく機会なんて、そうありませんし、
対峙しなければならない問題を知って向き合うことって
大切だと思います。

自分の闇に気づかないままだったり、
気づいていても見て見ぬフリをしているようでは、
目指すところへは行けないでしょうから。

起こる出来事の中には厳しいものもありますが、
やはり一白水星の方位は、
蓋をしておきたい自分の問題と向き合い、
真摯に対応していくことによってプラスにできる方位なのでは?
と、今回もこの結論に至りました。

 

高天麗舟


オーストリア:
写真手前のクロワッサンがあまりにもおいしくて
誰にもとられたくない!というケチな自分に気づきました。