「主人公」を大切にする


映画やドラマで「主人公」という言葉を聞いて知ってはいましたが、

今朝、「禅語入門」(久須本文雄著)という本を読んでいて、

これが「禅」から出た言葉だと始めて知りました。

師彦(しげん)という和尚の逸話だそうですが、

師彦は、毎日岩の上で座禅して、

大声で「主人公」と呼び、自分で返事をしていたそうです。

「目をさましているか?」、「はい!」

「人に騙されるなよ!」、「はい!」

そう自問自答して、それを日課のように繰り返していたとのこと。

「主人公」とは「自己の主」であり、

「真実の自己」「本来の自己」のことなのだそうです。

自問自答した経験のある方は多いかと思いますが、

やはり、我々人間には、二人の自己が存在しているようで、

その一人が「感性的自己」、

そして、もう一人が「霊性的自己」なのだそうです。

感性的自己は、

喜怒哀楽の感情と、個人的・社会的欲望を抱いている日常的な自己。

霊性的自己は、

日常的な自己の奥にいる純粋で本質的な自己。「主人公」です。

またなんと!霊性的な自己によって、

日常的な自己が価値づけられ、意義づけられているのだそうですよ!

…ずいぶん「主人公」をないがしろにしているなぁ、私。

雑多なことに時間を追われ、さまざまな感情や欲望で

大切な「主人公」を覆ってしまっている。

確かに、たまにゆっくりできる時間があると、

私、こんなに穏やかな人間だったのかぁ~

と、自分に驚くことさえあります。

雑多なことに振り回されない自分でありたい。

思わずそう思ってしまいました。が、しかし。

これも欲望ですね。

振り回されても、「たまには振り回されることもあるさ♪」と

振り回された自分を責めない。

そうやって、感性的自己を開放することによって

覆われていた霊性的自己「主人公」が表れるのかもしれません。

自分の中に「主人公」がいることを忘れないように、

時々は私も「主人公」に話しかけてみたいと思います。

もちろん、心の中で。(笑)

 

高天麗舟