追い風を迎える


最近のニュースに、

陸上男子100mで日本人選手が9秒台で走ったというのに

追い風が強かったため記録が公認されなかった…

というのがありましたが、陸上の記録というのは、

追い風が2メートルを超えると公認されないそうですね。

「占い」が得意とするもののひとつに、

「人生の追い風の時期を観る」というのがあるのですが

今回のニュースで追い風の威力を思い知らされたような気がしました。

やはり、追い風に乗るということは、

それだけスムーズに物事を運べるということなんでしょうね。

私のHPのトップには、ごあいさつと一言を載せていまして、その中で

(占いが)好ましい結果でなかった場合には、

結果通りに生きる必要はないのです。

と書いています。

例えば、方位鑑定で、

「行きたい場所は凶方位。でも、どうしても行きたいぃ~~~!」

という場合、

考えられる凶作用と、その他気をつけるべき点を伝え、

「できれば避けた方がいいですよ」とは言いますが、

それ以上は申し上げません。また、

「来年の方が起業には良い時期だけど、今年始めたいぃ~~~!」

という場合もそうで、

様々なことを経験して、その方は気づきを得るタイプかもしれませんし、

下りエスカレーターでも、必死にダッシュで駆けあがれば

たぶん2階へ上がれるように、(やっちゃダメです)

達成するために「かなりの労力が要る」だけなのかもしれません。

結局、自分が納得しないとどうにもなりませんし、

逆風を駆け抜けても辿り着けるケースはたくさんあると思います。

ただ、自分だけでなく人も喜ぶ思いを持って、

目の前の状況に柔軟に対応している方は、

自然のうちにタイミングに乗り、追い風を迎えているようにも感じます。

自分本位のこだわりや意地で自ら追い風を妨げないよう、

柔軟に受け入れながら、追い風を迎えて生きていきたいと思います。

 

高天麗舟