あなたは大殺界の該当者か?

四柱推命の鑑定では、

生年月日・出生時間(大体でも)・出生地のデータが必要です。

その運勢を観ていくのには、上記の情報に

毎年変わる年運(今年はみんなにとって乙未)と、

10年ごとに変わる大運(10年間影響を受け、人によって異なる干支)

というものを加え、鑑定していきます。

例えば、Aさんという方に、

来年から「癸酉(みずのととり)」という大運が巡るとします。

10年間の運勢に関わってくるので慎重に観ていくのですが、

その時に参考になるのが、

過去に巡ってきた年運「癸酉」の一年が、どういう一年だったか?

というデータなんです。

一番近い過去で、平成5年が「癸酉」の年でした。

その前は、その60年前になるので、昭和8年です。

Aさんにとって、その平成5年がバラ色だった場合は、

来年からの10年間も、バラ色になる可能性は高くなります。

もちろん平成5年に巡っていた大運も考慮し、

推測しなければなりませんが。

このように四柱推命では、

過去のデータが、未来を読み解くカギになることは多いです。

巷には大殺界というものが広がっていて、

今でも信じている方は少なくありません。

大殺界というのは、四柱推命の空亡(天冲殺)というものに、

西暦で偶数年生まれは空亡の前年の1年を足し、

奇数年生まれは空亡の後年の1年を足し、

3年間で観るものです。

新しいことを始めちゃダメとか、結婚はダメとか、言われていますが

そうではなく、開運期になっている人も結構いるわけで、

「大殺界は清算の時」と考えるのが自然かな、と思っています。

でも、どうしても気になってしまう…というのなら、

大殺界は12年サイクルですので、自分が大殺界だった年を思い出して、

その時どういう運気だったのかを確認してみるといいかもしれません。

こういう 見やすいページ がありました。

不思議なもので、大殺界を信じている占い師に限って、

実際に、大殺界の時に辛い経験をしている印象があります。

信じているから引き寄せたのか、ニワトリが先か、タマゴが先か…。

仮に、前回の大殺界の期間が悪かったという人は、

次の清算のとき(大殺界)まで、今を一生懸命生きることのみです。

 

高天麗舟

 

 

占い師としての成功

私は昔から自己顕示欲が強いためか、

「テレビに出る占い師って、すごい♪」

と思っていました。そして、

「占いでテレビ出演って、ギャラは一体いくらなんだろうな~?」

とか、(笑)

「占い師として有名になるって、マスコミへの露出とかなんだろうな~」

などと、考えていました。

なんですが、書のお稽古に行くと、

いつも、当たり前のように、師が「世界」の話をしていて、

だからといって、

私の技術が世界レベルになったワケでもなんでもないのですが、(笑)

そのスケールに気持ちがすっかり慣れてしまいまして、

日本で顔が知れるとか、とても小さいことのように思えてきました。

そんな中、先日も

「○月○日に観ていただいた、□□です…」と、

報告を兼ねたお礼のメールをいただきまして、

飛び上がるほどに嬉しい気持ちになりました。

そして、改めて、自分の顔が売れるとか、有名になるとか、

占い師としての成功というのはそこではなく、

鑑定を受けたお客さんが、明るく、前を向いて生きていくことが、

占い師としての成功なんだと気づきました。

あれだけガッツいていた私が(笑)、自分でもビックリです。

私の仕事は地味なもので、

知り合いのイベントに出るか、紹介か、

たまたまホームページに辿りついてくださった方を観るか、

といったものですが、

縁あって出会った方が明るく生きてくだされば、

占い師として、これ以上うれしいことはございません。

あとは自然になるようになる。

「なるようになる」を信じられるようになって、今は安心しています。

…安心したので、今日はサインの練習をしました。(笑)

サイン高天麗舟

小筆はむずかしい。

でも、かならず後々必要になることだから。(笑)

 

高天麗舟

植物の成長と運

先月中旬あたりから、私の左手親指の爪に白点が出てきました。

(ひとつの爪に三つ以上の白点がある場合は、疲労かもしれません)

爪の白点というのは幸運の印とも言われておりまして、

確かに自分の経験上、

白点が現れている期間は、良いことが起こっています。

そして先日、バルコニーの花に水をあげていたら

2~3年前に買って以来、一度も蕾をつけなかったアジサイに

なんと、蕾がついているではありませんか!!

そればかりでなく、去年ひとつも実をつけなかったミニトマトや

5年前の購入時以来、一度も蕾をつけなかったスイレン、

2年前くらいに買って、去年咲かなかったハイビスカス、

すべてに実がなっていたり、蕾がついていました!!

そういえば、娘を妊娠した時もミニカトレアの花が狂い咲きしていました。

…きてますね♪

風水では、家の中の悪い気が溜まるところに、

わざと金魚鉢や水槽を置いて、

身代わりに悪い気を吸ってもらって旅立ってもらう…という、

ちょっと残酷なものがあるのですが、

植物や小さな生き物というのは、それだけ「気」に敏感なようです。

で、爪の白点を見つけた三日後くらいに、知り合いの占い師さんから

「ちょっと面白い講座があるのですが…」

と、連絡をいただきまして、なんと講師が、

日本の東洋占術の重鎮中の重鎮、大石眞行先生!という

とんでもないご縁が舞い込んで参りました。

少し怯んだのですが「流れだ!」と思い、受講を決めました。

そして先日、その第一回目を受講してきたのですが、

大石先生の理論整然としたお話に、グイグイと引き込まれ、

ただただひたすら幸せな時間が過ぎていきました。

で、その大石先生はYoutube番組をお持ちのようで

玄関先の植物についてですが、少しお話をされていました。

いつも通り、水しかあげてないのに(肥料も与えなくてごめんね)、

初めてすべての花に蕾がついた我が家。

自分の身に起こる出来事に注目しながら、圧あげて進んでいきます。

 

高天麗舟

そうだ!ちょっとお知らせです。今まで宙ぶらりんだった(笑)「高天麗舟Facebookページ」ですが、今月からもうちょっと更新頻度をあげようと考えています。といっても、私の日常を含めた投稿なので、別に面白くも何ともないかもしれませんが、「この人に観てもらいたい」「この人に観てもらうのはやめよう」(笑)の目安になればな…と思っています。もしFacebookをご利用であれば、「いいね!」を押していただければ幸いです。また、利用されていない方も、私のホームページ下で読むことができますので、時々覗いていただけたらうれしいです♪

社員旅行にオススメの方位

小学生の娘は来月、林間学校?なるものに2泊3日で行きます。

職業病みたいなもので、思わずその目的地の方位を観たら

運よく娘にとって月盤は吉方で、しかも「天道」が入っておりました。

まぁ、2泊なので大きな影響はないと考えられる上、

五黄殺でも本命殺でも学校行事なので参加させるのですが、

同じ学年の子供たちで行くので、

みんなにとって吉でよかったと思っています。

で、その「天道」ですが、

月盤に「天道」が入っている方位というのは、

誰にとっても吉方位となります。

凶を吉に変える、強力なエネルギーを持つ方位で、

もともと吉方位の場合は、大吉方位になり、

普通方位の場合は、吉方位となり、

凶方位の場合は、凶作用を最小限にとどめる働きがあるのです。

社員旅行やグループでの旅行の場合、

年齢が違えば本命星が違ってきますから、

Aさんにとって大吉だけど、Bさんにとっては大凶…

などということが起こります。

そんな時にオススメなのが、月盤に「天道」が入った方位です!

(ちょっと通販っぽい。笑)

もちろん、会社にとっては社長の運気が一番なので、

社長にとって大吉方位を選ぶことが大事なのですが、

最低でも、誰にとっても凶となる方位は避け、

月盤に「天道」が入った方位を選ぶと、

社員の凶作用を最小限に抑えられ

楽しい旅行になるのではないかと思います。

「運気を取り込むため」の吉方位旅行というのは、

自宅から100km以上離れた場所へ、

3泊4日以上過ごさなければいけませんが、

2泊の場合でしたら、30%程度しかその影響を受けないので、

(ちなみに1泊の場合は10%程度)

運を手に入れるというよりは、

旅行自体を楽しむために、「天道」を利用すると良いと思います。

今回、校長先生も一緒に行かれるようですので、

仮に、リーダーである校長先生が本命殺だったとしても

「天道」のおかげで、学校の運気もなんとかなりそうです。(笑)

 

方位画像

 

高天麗舟

「何を」ではなく「誰に」

例えばですが、「あなたは大丈夫!」という言葉。

激しい過去を乗り越えてきた人に言われるのと、

占いの結果だけを伝える占い師に言われるのと、

どちらの言葉に安心するか?と聞かれれば、やはり前者と思います。

どんなに占いの腕が確かであったとしても、

その占い師に深みがなければ、言葉に感動は乗りません。

過去にも何度か同じことを書いているのですが、結局は「人」だなと。

今日は、壮絶な人生を歩まれてきた某・著名人(女性)と

お話する機会に恵まれまして、少し育児の話をさせていただきました。

今年に入って、だいぶ大人しくなりましたが、

ウチは元々、母子ともにカンシャク持ちでして(笑)、

世間一般的に、

母である私が怒るから、悪い例を見ながら育った子が怒るのは当然さ。

と、母親が責められがちなところです。

こればかりは言われても仕方がないなと私も思っていました。

ところが、その著名な女性は、

「罪悪感が身を滅ぼす」という意見をお持ちの方で、

子を産んで初めて母になるのだから、いろいろあって当たり前。

どんなに自分を責めても誰の幸せにもならないものなんですよ。

とおっしゃっていました。

それを聞いて私は、あ~なんて深い方なのだろうと思いました。

この方の、人を思いやる深さというのは計り知れません。

占い師として、占術の腕を磨くのは当然のことですが、

やはり一番磨きたいのは、ここの部分なんです。

「何を」言われるか?

よりも

「誰に」言われるか?

ですから。

 

高天麗舟

 

質問から学ぶ

今年2月のことですが、マンツーマンで方位講座を行ないました。

講座を開くのは初めてだったので、

まずは、理解してもらいやすいよう説明の順序を考え、

曖昧な部分がないよう細かいところをチェックをし、

最後に重要な部分をもうひと押しする!など(笑)、

いろいろと構成を考え、資料を作りました。

鑑定で使う知識は、そのお客様に合った部分だけですが、

講座で使う知識は、日頃出番の少ない知識を掘り起こして伝えたり

感覚でわかっていることを言葉にして伝えたりしないといけないので

いつもと違う筋肉を使ったような感覚がありました。

これで大丈夫だろう♪と講座にのぞんだわけですが、

「そういう角度から考えるのか!」「そんな風に疑問に思うのか!」

といった変化球のような質問を受けるんですね。

これが、本当に勉強になるんです。

自分一人では一生気づけなかった視点というのでしょうか、

盲点のようなものを教えていただいた感覚です。

(方位講座にご興味ある方、お問合せください)

また別件で、先日お友達から方位についての質問を受けました。

「土用殺」(特定期間内に特定方位への移動することを凶とする)

について。

私はまったくと言っていいほど気にしていなかったのですが、

ありがたい質問をいただいたので、調べてみると

「この土用殺方位へは絶対に行ってはいけません!!」と

とても強く主張されていた方もいらっしゃって、たいへん驚きました。

その後、土用殺の根拠を考えてみたり、

自分や誰かに土用殺の経験がなかったかなど思い出してみたりと、

(実は私に経験がありました!しかも二度!数年前にドップリ旅行していますが、今のところ特に何もありません。)

とにかくこの質問のおかげで、本当に勉強になりました。

 

…真剣な質問つながり、いや、正確にはつながっていないのですが(笑)

私のフェイスブックページに【クイズ この字なんの字?】を出しました。

フェイスブックを利用されてない方は、私のHPの下の方に載っています。

草書で書かれた字が何という漢字なのか、

私自身、知るたびに衝撃を受けているので(笑)、

みなさまにも衝撃のおすそ分け♪

というか、このクイズにつきあってくださいぃ~!!(笑)

つきあってくださったみなさま、本当にありがとうございます!!!

心からうれすぃ~でぇ~っす♪

 

高天麗舟

 

 

こんなの書いてます…

私のプロフィールには「書家」とあります。

でも人に教えているわけでもなく、書を売っているわけでもありません。

ただ、毎朝、家族が起きる前に何かしらは書いています。

私の場合、「書」を通して瞑想している状態で、

「書」で気づきを得て、

「書」で不要なものを削ぎ落としているような感じです。

ということで、

「書」が上達すると、「占い」も上質になっていくとわかります。

はい、がんばります。(笑)

最近、鑑定のお客様から

「どんなものをお書きになっているんですか?」

という質問が重なりました。

ので、(笑)

今日はザックリですが、昨日書いたものを載せます。

行書

↑↑ こういう荒い字は大好きです♪書きながら興奮してきます♪(笑)

三十七章

↑↑ これは、今年の展覧会用の練習です。長さ2m30cmくらいの紙。

失敗しても落ち込まず、上手く書けても舞い上がらず。

そうしていくうちに、強い精神へと鍛えられていきます。

 

たかまれいしゅう

高天麗舟

幸運に気づきにくい手相

手のひらを観た瞬間、さまざま印象を受けるものですが、中でも

生命線・知能線・感情線・運命線という基本的な線の勢いや

手のひら全体に細かい線が多い・少ない、が印象に残りやすいです。

「細かい線が多い」タイプというのは、繊細でデリケート。

細かいところに目が行き届く、気配りの人。しかし、その分、

人の顔色や言葉が気になりやすく、バランスを欠きやすい傾向です。

また手相には、幸運を知らせる印が何種類かあるのですが、

細かい線が多い場合は、そのサインの勢いは乏しく、また、

せっかくの幸運のサインが細かい線で埋もれているようにも見えます。

どういうことかと申しますと、

目の前の心配事や不安に意識が向いているため、

せっかくの幸運に気づきにくく、もしかしたら、

気づけないまま通り過ぎてしまうかもしれない、ということです。

感謝の気持ちも薄くなりがちでしょう。

とにかく非常にもったいない状態です。

「心配」というのは、「もし…」「まさか…」と自分で不安を想像(創造)して

勝手にあれやこれやと先を思い悩むことで、

結局は自分で心配を作り出しているわけです。(笑)

「もし…」「まさか…」と思い当たることが出てきた場合には、

そうならないように備えたり動いたりすることしか、今はできません。

俳優の渡辺謙さんがトニー賞にノミネートされたそうですが、

そのニュースに

渡辺謙 手相

こんな画像が添付されていました。

記事はここから⇒http://axn.co.jp/dramanews/20150428110.html

謙さんの右手ですが、指が短めで

手のひらは、幅と長さがあまり変わりない正方形に近い形です。

こういった方は、だいたい手の皮も厚めで細かい線も少な目です。

オトコらしい手の形のため、女性でみかけることはあまりないのですが

意外と芸術家に多く、

実践的な傾向で、心配する前に動く方に多い相です。

備えるだけ備えたら、なるようにしかならないのですから

無駄に心配しないで、明るく過ごしていきましょうね。

 

高天麗舟

 

 

 

 

 

姓名判断ページ

2015年4月1日からスタートしました姓名判断、泰煌式生命法。

おかげさまで出足好調でありまして、
今月すでに5名の方からお申込みいただいております。

開始当初は
師のメモを私がパソコンで鑑定書にする計画だったのですが
いただいたメモがメモでなく、
世界で評価を受けている書家ならではの美しい文字で
形式もすでに鑑定書として完成しておりましたので
急遽お客様にはそのままの形で郵送することに致しました。

鑑定書には、「常食すると良い食材」なども載せており、
巷の姓名判断とは少し雰囲気が違うため
その内容に驚かれた方もいらっしゃったかもしれません。

そういったことを踏まえまして、
お客様に鑑定書のイメージを描いていただきやすいように
私の四柱推命の師でもあり、今年から共に書を学ぶ仲間となった
浅野太志先生にご協力いただき、
浅野先生の実際の鑑定書を姓名判断ページに載せてみました。

img010

こんな感じです♪

このブログには1ページだけを載せましたが、
実際は約9ページです。

ひとつ付け加える点は、
旧姓がおありの方は、旧姓からも鑑定する
ということです。

先日完成した申込みフォームに旧姓の記入欄を設けましたので
お申込の際には、そちらに書込みお願いします。

 

泰煌式生命法を通して、ご自分のお名前、
さらには自分自身に愛情を感じていただければ幸いです。

 

高天麗舟

 

 

追い風を迎える

最近のニュースに、

陸上男子100mで日本人選手が9秒台で走ったというのに

追い風が強かったため記録が公認されなかった…

というのがありましたが、陸上の記録というのは、

追い風が2メートルを超えると公認されないそうですね。

「占い」が得意とするもののひとつに、

「人生の追い風の時期を観る」というのがあるのですが

今回のニュースで追い風の威力を思い知らされたような気がしました。

やはり、追い風に乗るということは、

それだけスムーズに物事を運べるということなんでしょうね。

私のHPのトップには、ごあいさつと一言を載せていまして、その中で

(占いが)好ましい結果でなかった場合には、

結果通りに生きる必要はないのです。

と書いています。

例えば、方位鑑定で、

「行きたい場所は凶方位。でも、どうしても行きたいぃ~~~!」

という場合、

考えられる凶作用と、その他気をつけるべき点を伝え、

「できれば避けた方がいいですよ」とは言いますが、

それ以上は申し上げません。また、

「来年の方が起業には良い時期だけど、今年始めたいぃ~~~!」

という場合もそうで、

様々なことを経験して、その方は気づきを得るタイプかもしれませんし、

下りエスカレーターでも、必死にダッシュで駆けあがれば

たぶん2階へ上がれるように、(やっちゃダメです)

達成するために「かなりの労力が要る」だけなのかもしれません。

結局、自分が納得しないとどうにもなりませんし、

逆風を駆け抜けても辿り着けるケースはたくさんあると思います。

ただ、自分だけでなく人も喜ぶ思いを持って、

目の前の状況に柔軟に対応している方は、

自然のうちにタイミングに乗り、追い風を迎えているようにも感じます。

自分本位のこだわりや意地で自ら追い風を妨げないよう、

柔軟に受け入れながら、追い風を迎えて生きていきたいと思います。

 

高天麗舟

四柱推命 手相 方位学 易