もう箸も使えなくていいという考え

我が娘には染色体異常があり、心身の発達が遅いのですが、

最近、心から思い知ったことがひとつあります。

「子供はただ愛して可愛がるだけでいい」ということです。

先日この話を障がい児施設で仲良くなった母友に話したら

「でも、身辺自立くらいはしてもらわないと

困るのは本人だから、やっぱり叩き込んでおかないと…」

といった言葉が返ってきました。

しかし、今の私は

別に一生スプーンで食事でも構わないと思ってしまっており、

腎臓が悪いせいか、娘は未だに布団に地図を描くのですが、

それでも構わない…というか、しょうがないと思えるようになりました。

私も以前は、娘の身辺自立に躍起になっていました。

母友の気持ちはよくわかりますし、間違っていないと思っています。

しかし、疲れました。怒り疲れたのも含まれます。(苦笑)

何にそんなに怒っていたのかと申しますと、

娘が私の指示に従えないことと、

なんでそんなにできないのかとイライラすることに、です。

よくよく考えてみれば、私と娘は別の人間で、

私の価値観が娘に合うとは限らないわけです。

本人がお箸を使うことに魅力を感じなければ、

どうにもならないと思ったのです。

指示に従わないことでイライラするのだったら

指示しなければいいじゃないか、と諦めたのです。

今年に入ったあたりから、

娘がカンシャクを起してもあまり気にならなくなりました。

なんてったって、もう疲れておりますので。(笑)

最近は「ラッスンゴレライ」とテキトーに返事をしてスルーしています。

ですが、人間いきなり変われるか?と言われたら、変われません。

先日、忙しい時に娘がカンシャクをおこし、

つい、その手に乗ってしまい(苦笑)、

私もカンシャクで返してしまいました。

すると娘が小さな声で、私にこう言いました。

「…ラッスンゴレライ」

根付いている!!(笑) 成果が出た!!(笑)

イヤな空気が吹っ飛びました。

ドライな私なりに娘を可愛がる日が続くと、

不思議と娘が積極的に身支度をするようになり、

少しですが、自分で考えて行動できるようになってきました。

あぁ、これが答えだな、と思いました。

人間は、変えることができない。
だから、こちらで変わるしかない。

それをいちばん地道に、くじけずに、教えてくれる存在が、

子供なのだと感じています。

 

高天麗舟

プレゼントに思う

こういう話はあまりしない方が良いとされていることですが、

卑しいと言われようが、なんと言われようが、本音を書いてしまいます。

彼氏から誕生日プレゼントをもらう機会があると思うのですが

プレゼントほど自分に対する相手の思いがわかる物はないですね。

特に年に一度の誕生日プレゼントなどは。

相手の「保身度」(時間的、金銭的、思いやり的にケチった様子)や

日頃からどれだけこちらのことを見ているか、がわかります。

プレゼントって、基本的に相手を喜ばせるものです。

「私のためにあれこれ考えてくれたんだろうな~♪」

という「思い」や「手間暇」が感じられれば、

大切にされているとポカポカと心も温まるのですが、

忙しかったからとりあえず買った的なものや

その収入でこれなの?というものだったり、

そういうの趣味じゃないって、いつも言ってるじゃない!

というものを貰ったりすると、

私はその程度の扱いなのか…

と溜息が出ます。

気にならない人は気にならないとは思うのですが、私は気になります。

別に自己犠牲を強いているわけではないのですが、

プレゼント程度のことにもかかわらず、

あまりにも自分の状況や立場を守っているのがわかってしまうと、

いざという時に逃げる確率の高いオトコだな、と

容易に想像できてしまうのです。

プレゼントには人柄が表れます。

女性にできることは、

いつまでも大切にしたい!と思われる女性でいることでしょうか。

…がんばります。

 

高天麗舟

 

 

自分の基準を信じる

街中を散歩する時、

個性的な建物や素敵なカフェや美味しそうな看板を見ると

思わず足がとまってしまうものです。

時々、美術館へ行って書道展を観るのですが、

思わず足をとめてしまう作品には、なかなか出会えないですね。

ビル群を歩くように会場を歩いてしまいます。

しかし、会場には「上手いのかヘタなのかわからない」と

正直なところを言えない雰囲気も漂っています。(笑)

「自分が見る目ないだけなのかな?」

なんて、つい自分を疑ったりしてしまいがちなのですが、

やはり、目を引くものがなければ、それが答えのようです。

世間体を気にする日頃のクセからでしょうか、

私たちは、知らず知らずのうちに

周りの反応を気にして思うことをなかなか言えず、

多数派の意見に積極的に流されがちで、

「わからない」と言えない生活を強いられていているんだな、

と、少し可笑しくなりました。

もう少し、自分の基準に自信を持っても良さそうです。

というより、

自分の基準で物事をみられるようになった方が良いかもしれません。

みなさまに足をとめていただける作品を書けるよう、

精進してまいります。

 

高天麗舟

 

 

立春です。

はじめまして、高天麗舟です。

以前、アメブロでブログを書いていましたが、

改名に伴い、ブログも心機一転!!

アナログの私が、レンタルサーバーというものを利用して、

おっかなびっくり投稿しています。(笑)

まだ、このブログの仕組みがわかっていません。

よくわからないのですが、今日は立春!!

占いの世界では一年の始まり!!

始動にはピッタリな一日なので、

朝から塩水で絞った雑巾で床を拭き、

気持ちを引き締めて書いています。

塩水で絞った雑巾で床を拭くと氣が浄化されます。

水を使えない床の場合は、天然の塩をパラパラと撒いてから

掃除機をかけると良いでしょう。

氣は床から上がってきます。

床にものを広げないで片づけておきましょうね。

あ~~~、早くこのシステムに慣れて、

みなさまに楽しんでいただけるであろうお話を書きたいです。

私が慣れるまで気長にお待ちください。

それまでの間、イライラさせてしまうかもしれませんが、

気長にお付き合いくださいませ。

ありがとうございました。

四柱推命 手相 方位学 易