「高天麗舟」タグアーカイブ

仏像手相鑑定の旅、無事終了!

仏像の手相を (勝手に!) 鑑定して巡る「仏像手相鑑定の旅」、
10月1日(日)の午前に無事終わりました。

アートテラー・とに~さん、
参加してくださった皆様(全員で15名ほどいらっしゃったでしょうか)、
本当にお世話になりました。ありがとうございます!!

am8:00 護国寺 からツアーは始まり、
まずは30分ほど簡単な手相のレクチャー。

質問されたことには出し惜しみせず、全部伝えるつもりでいたので
皆さまメモを片手にお話を聞いてくださったり、
隣の方と手を見せ合ったりされている皆様をみて
本当に嬉しく思いました。

中にはメモでなく、直接手のひらに
「運命線・生命線・感情線・知能線」と書き込んだ方もいらっしゃり
手のひらが“耳なし芳一”的迫力でいっぱいになっていました。(笑)

本堂はam9:00にならないと入れないため、
境内の仏像を二体ほど鑑定いたしました。

『才能モリモリなのに自らその才能を抑えつけてしまうタイプ』
という非常にもったいないタイプの憤怒相がありまして、
なんとも切ない思いがよぎりました。

そして目黒に向かいます。
途中、電車の中でこんな中吊り広告があるのを
皆さんが教えてくださいました。

だいすけお兄さんの手です!!
線はもちろん、この手の開き方といい、情報おてんこ盛りです。
私にとってはお御馳走のような広告でした。

目黒不動尊 着。

こちらは東京で一番大きい大日如来像だそうですが
このように多くの仏像は印だったり、アイテムを握っていたりで
実は手相があまり見えません。

それでも仁王門の阿形吽形と石の仏像がいらっしゃいましたので
そちらを本当に勝手に鑑定いたしました。

そして、上野の東京国立博物館(常設展)に皆で入り、
他のお客さんのご迷惑にならないよう解説する予定だったのですが
明らかに一般のお客様が紛れ込んでしまいまして(笑)、
ええい、どうせなら巻き込んでしまえぇ~!と
一緒に説明を聞いていただきました。

そしたら、その年配女性、
「あなた!(私のこと)、この仏像の説明書きを読まずに話したの?
あなたの言っていること、ここに書いてある説明の通りよ!」
と、ビックリ顔で話し掛けてきました。

「そ、そうなんですか???」
…その仏像の由来と手相解説が似ていたそうです。

「何の団体なの??」と質問されましたので、
ここは、アートテラー・とに~さんにお任せし、
「仏像の手相をみて回るアートツアーです!」と答えていただきました。

とに~さんはどんな時でも堂々とたんたんとされていて、
本当に頼もしい方です。

2年ぶりという「仏像手相鑑定ツアー」、私も楽しみにしていましたが
改めて「手相は面白い!」と手相に対する情熱がわき、
手相と仏像の両方の知識をさらに深めたくなりました。

中国から日本に手相が伝わったのが、平安時代の中期で
一般の人々に広がったのは江戸時代。

というのは聞いたことありますが、

本当にそういう時代背景だったら、時代ごとの仏師の間で
どれくらい手相が浸透していたのか…

仏像を依頼するなんて大事業だったでしょうから
手相というものを知っていたら、
工房の下っ端の手相なんて彫り込むワケないでしょうし…

日本に初めてやって来た第一号の仏像の手相が
「マスカケ型」だったために真似てみたとか…

謎は深まるばかり。(私だけか。笑)

歴史は苦手ですが、
手相と仏像の両方から時代を掘り下げてみたくなりました。

そうそう時代といえば、こんな看板が。

この境内はドローン禁止

こんな注意書き、いつから置くようになったんでしょ?

このツアーのおかげで
もっともっと手相を勉強していこう!と思いました!!
本当にありがとうございました。

 

※この日の様子は、とに~さんのブログでもアップされています。
アートテラーのいちばん長い日

 

高天麗舟

鑑定がコワイです

ほぼ毎日「書」を書く生活をしている私です。
設計事務所に勤めていた頃、
手描きでもCADでも、図面を描くことは好きでした。

しかし、マンションの図面を描く機会が多く、
誰が住むのかわからない図面を描くことにやりがいを感ることはできず、
「人のために役立つ占い師になりたいなぁ~」と憧れつづけ、
その後、さまざまなご縁をいただき、
晴れて占い師として仕事ができるようになりました。

お客様の表情が明るくなられた時や、パッと変わった時などは、
ほんっとーーーにこの仕事に就けてよかったなぁ~と思います。

しかし、こわいんですよ。

鑑定時間になってお客様とお会いしてしまえば、
怖さなんてどこかに飛んで、いつものようにお話しできてしまうのですが、
なんというのでしょうか…

「限られた時間内で、お客様に満足していただける答えを出せるのか?」
「お客様の曇った気持ちを払拭できるのか?」
「大変な時期を控えている場合、的確な解決策は出せるのか?」

…要はプレッシャーです。
特に、鑑定の依頼メールを受信した時、一番こわくなります。

ずーっとなりたいと思ってなれた占い師という仕事なのに、
私には素質がないんじゃないか?と思って、
先日、四柱推命の師・浅野太志先生にお会いした時に話したんです。

そしたら、なんと!!
浅野先生も同じ思いをされることがあると!!

さらに!!
その昔、鑑定人数7万人を超えるあの西谷泰人先生
「鑑定はねぇ~、みんなコワイものなんだよ~
と、サラ~ッと話された…とお聞きして、
あの西谷先生でさえもコワイと感じることがあるのかっ!!と。

…じゃ、もうこれで普通なんだな、と納得できました。

また、浅野先生は
「そういう気持ちがないと逆にダメなんだと思う…」
とも教えてくださいました。

限られた時間内で、それまで歩んで来られたお客様の人生に入り、
さらにその後のお客様の人生のために、
自分の技術と経験をどれだけ役立てられるのか??

…改めてこわくなってしまうのですが(苦笑)、

それでも、数ある占いサイトから選んでいただき、
私の講演をお聴きくださった方や、トークショーに足を運んでくださった方、
また、このブログを読んでくださった方が、
「一度、先生と直接話したい!」と鑑定の申し込みしてくださることが、

うれしくて、うれしくて、うれしくて、うれしくて、うれしくて、
どーにもならないわけです。(笑)

大先生でさえコワイのですから、私がコワイのも当然です。
安心して開き直れます♪(笑) 引き続き、がんばります!

 

さて、2月4日。立春です。
すでにホームページの「直接鑑定メニュー」の変更はしていたのですが、
今日から「丁酉」ということで、鑑定メニューのお知らせをさせて下さいね。

はじめて総合鑑定:60分コース/90分コース
リピーター総合鑑定:60分コース/90分コース

以上、2種類のみに変更いたしました。
ともに、手相+四柱推命+必要に応じて方位・易です。

ネット鑑定のメニューに変更はございません。

60分って、思ったより短いんです…
ということで、話す気マンマンの方に90分コースもご用意しました♪(笑)

また、はじめて四柱推命を受けてくださった方にお渡ししている鑑定書に
今年・来年(または来年・再来年)の鑑定を記載しているのですが、
「それ過ぎちゃったらどうしたらいいの?」
と思われる方もいらっしゃると思うので、
今回、リピーター総合鑑定というコースを設けてみました。
2年分の鑑定が入った四柱推命鑑定書を1枚お渡しいたします。

料金等、詳細はコチラをご覧ください。
高天麗舟公式ウェブサイト/料金表

ということで、
この丁酉がみなさまによって素晴らしい一年でありますように♪


野尻泰煌先生に書いていただきました。
「酉」です。

 

高天麗舟

もう箸も使えなくていいという考え

我が娘には染色体異常があり、心身の発達が遅いのですが、

最近、心から思い知ったことがひとつあります。

「子供はただ愛して可愛がるだけでいい」ということです。

先日この話を障がい児施設で仲良くなった母友に話したら

「でも、身辺自立くらいはしてもらわないと

困るのは本人だから、やっぱり叩き込んでおかないと…」

といった言葉が返ってきました。

しかし、今の私は

別に一生スプーンで食事でも構わないと思ってしまっており、

腎臓が悪いせいか、娘は未だに布団に地図を描くのですが、

それでも構わない…というか、しょうがないと思えるようになりました。

私も以前は、娘の身辺自立に躍起になっていました。

母友の気持ちはよくわかりますし、間違っていないと思っています。

しかし、疲れました。怒り疲れたのも含まれます。(苦笑)

何にそんなに怒っていたのかと申しますと、

娘が私の指示に従えないことと、

なんでそんなにできないのかとイライラすることに、です。

よくよく考えてみれば、私と娘は別の人間で、

私の価値観が娘に合うとは限らないわけです。

本人がお箸を使うことに魅力を感じなければ、

どうにもならないと思ったのです。

指示に従わないことでイライラするのだったら

指示しなければいいじゃないか、と諦めたのです。

今年に入ったあたりから、

娘がカンシャクを起してもあまり気にならなくなりました。

なんてったって、もう疲れておりますので。(笑)

最近は「ラッスンゴレライ」とテキトーに返事をしてスルーしています。

ですが、人間いきなり変われるか?と言われたら、変われません。

先日、忙しい時に娘がカンシャクをおこし、

つい、その手に乗ってしまい(苦笑)、

私もカンシャクで返してしまいました。

すると娘が小さな声で、私にこう言いました。

「…ラッスンゴレライ」

根付いている!!(笑) 成果が出た!!(笑)

イヤな空気が吹っ飛びました。

ドライな私なりに娘を可愛がる日が続くと、

不思議と娘が積極的に身支度をするようになり、

少しですが、自分で考えて行動できるようになってきました。

あぁ、これが答えだな、と思いました。

人間は、変えることができない。
だから、こちらで変わるしかない。

それをいちばん地道に、くじけずに、教えてくれる存在が、

子供なのだと感じています。

 

高天麗舟